F1が、"とある"サスペンションを採用する理由

ダブル・ウィッシュボーン形式とは

ダブルウイッシュボーン形式

ウィッシュボーンとは鳥の鎖骨のこと。この鎖骨に似た、A字型の形状をした上下2組のアーム(アッパーアームとロワアーム)で、タイヤを支えるサスペンションを、ダブル・ウィッシュボーン形式サスペンション、と呼んでいます。

ストラット式と比較した際のメリットは、サスペンションの横剛性を確保しやすい。コーナリング中にスプリングとショックアブソーバに曲げの応力が加わらないため、サスペンションストロークがスムーズになる。キャンバー角をコントロールしやすく、常にタイヤを垂直に保てるため、接地性を高めてコーナリングフォースを確保できる。など非常にたくさんあります。

特に、フロントサスペンションに搭載されるダブル・ウィッシュボーン形式は、アッパーアームがタイヤの上側に来ているタイプが多く、通称ハイアッパーアーム型のダブル・ウィッシュボーン形式といわれています。じつは、乗用車に用いられているサスペンションは、ほとんどこのハイアッパーアーム型なのです。

ハイアッパーアーム型ダブル・ウィッシュボーン形式の利点

好まれる理由の一つは、スペース効率が優れていることです。サスペンションがストロークした際、接地点が左右に動く量(スカッフ変化)は、なるべく小さくする必要があります。スカッフ変化が大きいと横方向の踏ん張りが効かないため、コーナリングをする度に、グネグネしたクルマの動きを感じてしまいます。

そこで、このスカッフ変化を減らすために、上下のサスペンションアームは長くしたいのですが、アッパーアームを長くとると、エンジンルームに突き出てしまいます。そのため、アッパーアームはタイヤ上方に移し、そうすることで少ないスペースでレイアウトすることを可能にしているのです。

二つ目の理由は、ハイアッパー型の方がアッパーリンクの取付点のジオメトリ調節に余裕があるため、ロールセンター高、キャンバー角変化、キャンバー剛性といったジオメトリの設計が容易となり、理想のジオメトリに近づけることができます。

ストラット、ダブルウイッシュボーン、マルチリンク…サスペンション形式ごとのメリットとデメリット

次ページF1がマルチリンク形式ではない理由

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives