タイヤ溝のデザインはどうやって決めているの?

トレッドパターンの基本は4種類

トレッド パターン

トレッドパターンは、リブパターン、ラグパターン、リブラグパターン、ブロックパターンの4種類に分別されます。それぞれ、目的と用途が異なります。

①【リブパターン】
リブパターンとは、直線またはジグザグのタテ溝をもつトレッドパターンのことです。操縦安定性や直進性が高く、排水性がよく、横滑りに強いという特徴があります。転がり抵抗も低い傾向で、燃費も良くなります。一般的なサマータイヤが、この「リブパターン」にあたります。

②【ラグパターン】
駆動力や制動力を優先したものが、ヨコ溝のラグパターンです。ブロックの強度が高く、耐カット性にも優れており、丈夫で強いパターンです。ダンプカーやトラックで使われています。

③【リブラグパターン】
リブパターンとラグパターンの両方を併せ持つトレッドパターンです。普通の道でも悪路でも対応できる、優れた性能を持っています。トラックやバスのタイヤに良く使われています。

④【ブロックパターン】
雪道や、ぬかるんだ泥ねい地などの悪路でも、駆動力・制動力に優れているのがブロックパターンです。スタッドレスやスノータイヤ、オフロードタイヤに多く採用されています。


トラックやダンプカーについているような大きなタイヤから、バイクの小さなタイヤまで、トレッドパターンは、性能だけでなく見栄えも考慮して作られており、知れば知るほど奥が深い項目です。

ぜひ、ご自身のクルマのタイヤのトレッドパターンも、気にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives