クルマ好きなら、BTCCに注目!活躍しているレーシングカーたち

BTCCとは

BMW BTCC

2018年で60周年を迎えるBTCC(British Touring Car Championship)は、1958年にイギリスサルーンカー選手権として、シリーズが開始された伝統あるレースです。

もともとは、いくつかのクラス分けされたサルーンカーで覇権が争われてきたBTCCですが、1990年から排気量を統一した「2.0L フォーミュラ」規定となり、2001年には「BTCツーリング」、2007年以降は、FIA公認の「スーパー2000」と、時代に合わせてレギュレーションが変更されています。

2018年現在のBTCCに投入される車両は、2011年から導入された「NGTC(Next Generation Touring Car)」という規格に合致したもので、エントラントはブレーキ、サスペンション、トランスミッション、ターボなど、多くのコンポーネントを共通化しています。

これは、車両開発の低コスト化や性能均衡化を強く意識したもので、毎レース、カラフルなレーシングカーがぶつかりながら熾烈なバトルを繰り広げる激戦で人気となっています。

また高価なスーパーカーではなく、馴染み深いファミリーカー等をベースとすることも人気の理由です。

では、BTCCで活躍しているレーシングカーをいくつかピックアップしてみましょう。

次ページBTCCで活躍しているレーシングカー

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives