公道で4点式シートベルトが違法になる理由

シートベルトに関する法規はどうなっている?

3点式シートベルト

現在、販売されているクルマで、ナンバー付きレースなどにエントリーしている車両をよく見ると、レース用の4点式などのフルハーネスシートベルトと、純正の3点式シートベルト、両方を装着しています。

これは、フルハーネスシートベルトと3点式シートベルトを、サーキットと公道で使い分けているためですが、どうして、そんな面倒かつ重量が増えてしまう改造をしているのでしょうか?

じつは、3点式シートベルトが純正で装備された現代のクルマの場合、4点式などのフルハーネスシートベルトを公道で使用すると違法になり、免許の減点対象(罰金はない)となってしまうからなのです。

シートベルトに関しては、クルマ全般の安全確保を規定している「道路運送車両の保安基準 第22条の3」のなかで、要件が詳細に定められています。

1)「衝突等による衝撃を受けた場合、乗員の前方への移動や過度の前傾を防止できること」
衝突時にハンドルやフロントガラスに頭部などが衝突しない、車外に放出されないように体を固定する必要があることを規定しています。 

2)「衝突等による衝撃を受けた場合、乗員に傷害を与えるおそれの少ない構造であること」
シートベルト反力によって人体(胸や内臓等)を圧迫しないように、適度にシートベルトが緩む構造が必要なことを規定しています。

3)「容易に脱着でき、かつ長さを調整できること」
緊急時にベルトが瞬時に脱着できることを規定しています。

4)「通常運行では、ベルト装着者が腰部および上半身を容易に動かしうる構造であること」
視界確保やインパネ等の操作ために、身体がある程度自由に動かせる構造が必要なことを規定しています。

じつは3点式シートベルトのほうが安全

エアバッグ

現在、世界中で採用されているのは、左右の腰と片方の肩を固定する、3点式シートベルトです。重要なことは、3点式シートベルトには、ベルトをゆっくり引けば引き出せるけれど、はやく引き出そうとするとロックするELR(Emergency Locking Retractor:緊急ロック式巻き取り装置)が組み込まれていることです。

3点式シートベルトは、通常時はベルトの緩みを持たせつつも、非常時には乗員の身体が前方へ飛ばされないようにロックされます。さらに、各エアバッグと組み合わさることで、事故時の衝撃から、乗員を保護するように設計されています。

次ページ公道で4点式シートベルトが違反になる理由

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives