新車100万円台から買えるSUVのコンパクトカー5選

①老若男女問わず人気「スズキ ハスラー」

スズキ ハスラー 2013

車両価格も維持費も安いのは、やはり軽自動車のSUVです。そのなかでも老若男女を問わず人気なのが、「ハスラー」です。

スズキのベストセラーですが、発売前には社内で“売れるのか?”と懐疑的な意見が多かったというのですから、この大ヒットは予想外だったということですね。

ハスラー登場以前の軽自動車と言えば、トールワゴンか5ドアハッチバックがメインストリームで、SUVと言えばジムニーくらい。ですが、ジムニーはSUVというよりはクロカン4WDで、乗り手を選ぶ車であることは否めません。“ヘビーデューティな雰囲気がちょっとだけあれば…”というユーザーには、若干敷居が高かったのです。

そんなマーケットに見事にハマったのが、ハスラーです。かつてスズキが販売していた「Kei」の後を継ぐハスラーは、ワゴンRのプラットフォームを使いながら、十分なロードクリアランスとSUVチックな意匠、そしてレトロでポップなカラーリングがユーザーに大受け。たちまち、スズキの看板モデルになったのです。

スズキ ハスラー

ハスラーの魅力はそれだけはなく、Sエネチャージによる高燃費も見逃せません。4WD車でも20km/Lを余裕で超えるその性能は、”本格的なハイブリッド車なんていらない”と思わせてしまうほどです。

4WD車にはヒルディセントコントロールやグリップコントロールといった電子デバイスも採用されており、ダートや雪道などは軽々こなしてくれます。収納スペースも多く、多彩なシートレイアウトもユーザーの心をギュッと掴んでいます。安全装備が充実しているのも、ユーザーには心強い限りです。

気になる価格は、110万円〜163万円。リセールバリューもいいようですので、手堅い1台と言えるでしょう。またハスラーのバッジモデルとしてマツダのフレアクロスオーバーもあります。こちらの車両価格は、133.8万円〜168.4万円となっています。

②ハスラーの対抗馬「ダイハツ キャスト」

ダイハツ キャスト アクティバ 2017

ハスラーの対抗馬として登場したのが、ダイハツの「キャスト」です。”スタイル”、”アクティバ”、”スポーツ”という3タイプのラインを揃えているのが特徴となっています。

ハスラーを十二分に研究しており、すべての面でほぼ互角の性能。いかにもダイハツらしい真面目な作りで、上質感はハスラーよりも上と言えます。ただし、アウトドアライクな雰囲気が薄いというのも事実で、遊び心という点ではハスラーに軍配が上がります。

価格は、122.5万円〜177.1万円とライバルより若干高め。クロスオーバーSUVらしい雰囲気が欲しいなら、アクティバがオススメです。キャストのバッジモデルは、トヨタの「ピクシスジョイ」。価格は122.6万円〜171.2万円です。


しかし、いま焦って愛車を決めるのは、ちょっと早計かもしれません。なぜなら、今年の後半には「ジムニー」「パジェロミニ」という、軽自動車SUVの2大巨頭が新型車を出すと言われているからです。

現在、各自動車媒体はそのスクープ報道にヒートアップしていますが、間違いなく両車とも魅力ある車になるはずです。特にパジェロミニは、ハスラーと競合するクロスオーバーSUVになるはずですので、その登場を待って購入車を決めても遅くないのではないでしょうか。

再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ
20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

次ページスズキは小型SUV市場でも健闘

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives