20年で価値が2倍以上に上がったクルマ3選

ホンダの技術の粋を集めた国産スーパーカー NSX

ホンダ NSX

NSXは1990年から2006年まで、ホンダが生産販売していたスポーツカーです。

販売当初は当時の国内市販車としては最高額の800万円でしたが、現在では2,000万円以上のプライスタグの付いた中古車も見つけることができます。発売開始から25年以上が経過し、国内だけでなく、おもにアメリカのスポーツカーファンからの需要が高まっているようです。

当時では珍しい、世界初となるアルミボディで車体の軽量化を図り、ミッドシップエンジン・リアドライブを採用した初代NSXは、国内外のファンから多くの支持を集めました。

そして、2016年に後継となる新型NSXが登場。価格は日本車の過去最高額である2,370万円で、1年間で国内向けに生産される台数は、わずか100台となっています。

すでに2年待ちとなっていることからも、今後このクルマにも価値がついていくものと予測できます。

最近では、1990年代に発売されていたネオクラシックカーに需要が高まっています。国内だけでなく、海外からも注目されており、海外オークションでも高額で取引されています。

そのため、程度の良い個体が海外に流出していることもあります。今後は、国内で見かけなくなった日本の名車を、海外で見かけることになるのかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives