建物のドアにはないのに、なぜ車には「半ドア」があるの?

走行時における安全防止

半ドア

自動車のドアは、通常、ラッチとストライカーで構成されるドアロック機構によって固定されるのですが、ドアを閉めるときに勢いが足りないとドアが中途半端に開いた状態、いわゆる半ドアになってしまいます。

半ドアに気が付かず、走行中にドアが突然開いたら非常に危険ですよね。そのため半ドア状態でもドアが開いてしまわないよう、1次ロックがかかるようになっています。現代の自動車は、どのようなドアでも半ドア状態になることを想定した機構が使われているのです。

半ドアは、乗降の際、ドアを閉めるときに勢いが足りないとになりやすいのですが、これはウェザーストリップというパーツがドアの内側に装着されているためです。木造の古い建物では嵐の日にドアや窓が風によって揺れることがありますが、あれは気密性が低いことで起こっています。自動車のドアも同様で、気密性が低いと走行中にドアがガタガタと揺れることになります。

そうなると、雨水が室内に進入したり、反対に室内の空気が外に吸い出されエアコンが効かないなど、不具合が生じます。それを防ぐために、自動車の開口部にはドアとボディの間にゴム製のパッキンのようなパーツ(ウェザーストリップ)が装着され、それにより室内の気密性が保たれているというわけです。

つまり、ドアに密着する必要があるウェザーストリップには、ある程度の弾力が求められることになり、弾力があればあるほどドアが締まりづらくなるのです。

ドアがしっかりロックされているか、半ドアになっていないか、などはメーター内の警告灯で確認できます。運転する前に半ドアの警告灯が光っていないか必ず確認しましょう。

バッテリー上がりの原因にも

室内灯 ルームランプ

半ドアはバッテリー上がりの原因としても有名です。半ドアの状態のためルームランプが点灯されたままの状態になり、それを長時間放置しておくとバッテリー上がりの原因になります。

ルームランプの電力消費自体は少なくても、セルモーターを回す際には大きな電力が必要になります。半ドアが原因のルームランプの消し忘れには注意しましょう。

次ページなぜ車には「半ドア」があるのか

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives