輸入車No.1の座を奪い合うMINIとゴルフ、それぞれの魅力とは

絶対王者と思われたゴルフ

VW ゴルフ 2017

日本の輸入車市場では長きに渡って、フォルクスワーゲン・ゴルフが新車登録台数でトップの座にいました。ゴルフが日本に導入されたのは、初代がデビューした1974年。日本は高度成長期でしたが、世界的なオイルショックが始まった頃でもありました。そのためガソリンが急騰し、世界的に燃費のいいコンパクトカーが注目されるようになっていた時期でした。

当時、日本に輸入されていた車はまだまだ車種が少なく、同時にほとんどが大型大排気量。さらに高価で、庶民には高嶺の花だったのです。そんな中で登場したゴルフⅠは、コンパクトなのに室内効率に優れ、しかも比較的に安価でした(とは言え、廉価グレードでも200万円を超えていましたが…)。

そもそも日本人は小さく高性能な製品を好む嗜好があり、しかもフォルクスワーゲンというブランドは「ビートル」ですでに認知度抜群。富裕層などを中心にゴルフは人気を博し、それが徐々に一般にも広がっていきました。結局、初代は1992年まで造られたロングライフモデルとなり、世界で約39万台も販売されました。

輸入車の中では壊れにくく、しかも低燃費だったゴルフは、確固たるブランドを築いていきます。Ⅱからはどんどんサイズアップしていきましたが、時代の潮流を読んだ製品企画が功を奏し、日本では常に「一番売れている輸入車」の称号を欲しいままにしてきたのです。

次ページ商品企画でゴルフに勝ったMINI

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives