赤は「危険」、青は「情報」、では緑は…?色でわかる標識の意味

注意を喚起する色とカタチ

道路標識

自動車を運転中、もっとも気にしなければならない赤色の標識。停止や進入禁止、さまざまな規制をドライバーや歩行者に伝えます。よく目立つ赤色は、注意をひく色として消防車や信号機でも使われているように、危険や禁止を見るものに想像させます。

黄色は赤色に似ていて、運転者に注意を喚起することが目的です。黄色が使われる看板は、2車線から1車線になることを伝える、道路の傾斜を伝える、道路工事中や踏切の存在など、進行方向の先の注意を促します。黄色は人の目に大きく入ってくるという特徴があり、道路標識はもちろん歩行者の着用物にも採用されています。

赤色の標識に使われているのは、円形、三角形、四角形です。丸は実際より大きく見え、三角形は形が四角形よりも安定感がないので視野に入って注意深くさせる、といった特徴があります。一方、黄色の標識は、角を上に向けて掲示することで目立つ、ひし形が採用されています。

情報を伝えるための色とカタチ

無題

道路情報が伝わりやすい色が、青色です。赤色や黄色のような緊張感を持たせる色とは異なり、道路番号や先の合流インターチェンジや方角といった情報を伝える際に使用されます。

四角形の青色標識は、通行指定区分やバスまたはトラック走行レーンなどを伝えるために使われることが多いです。安全地帯やパーキングゾーンなどでも、青色と白の四角形が採用されています。

次ページ高速道路でよく見る「緑」はどんな意味をもつ?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives