お手頃価格で購入できるキャンピングカー5選

快適オートキャンプならキャブコン「アミティ」

AtoZ アミティ

※写真はA to Z アミティ

日本は道路や駐車場、キャンプ施設などのインフラの問題から、欧米製の大型キャンピングカーはなかなか使いづらいという事情があります。そこで比較的コンパクトサイズな、商用トラックなどの後部にキャンパーシェルを架装した「キャブコンバージョン」。通称キャブコンというカテゴリーが進化してきました。

キャブコンは装備が充実しているだけでなく、車内の空間が広く快適なのが特徴です。雨の日は車内にいる時間が多くなりますが、まるでバンガローのようなキャブコンなら1日いてもストレスが少ないはずです。

AtoZ アミティ
AtoZ アミティ

そんなキャブコンのベストセラーになっているのが、A to Zの「アミティ」です。マツダのボンゴトラックの後部にキャンパーシェルを架装したモデルです。

ベッドになるダイネットを中心に、シンク&調理台、頭上収納、クローゼット、そして常設2段ベッドとバンクベッドを備えています。1台で6名の就寝が可能ですが、2名で使えばゆとりの快適空間になります。

そして注目の価格は、なんと392.1万円〜(税別)。500万円台が相場のキャブコン市場において、この価格は驚異的と言えます。しかもクオリティも十分で、人気があるのも頷けます。運転には少々慣れが必要ですが、一度は使ってみたいのがキャブコンではないでしょうか。

(写真はフジカーズジャパン茨城中央キャンピングカー専門店より提供)

次ページいまある車を活かしてオートキャンプ「キャンピングトレーラー」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives