進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

手動式ワイパーの誕生は100年以上前

ワイパー

ワイパーがこの世に誕生して2018年で115年。今日までの進化の歴史をざっと年表にしてみました。

1903年 アメリカのメアリー・アンダーソン氏が世界で初めて手動ワイパーを発明。17年間限定の特許を取得

1917年 TRICO(トリコ)社が、ワイパーブレード(Rain Rubber)の生産を開始

1922年 世界初、現ゼネラルモーターズのキャデラックが手動ワイパーを標準装備
         Tri-Continental Corporationが、エンジンの動力を利用した真空式ワイパーを開発

真空式ワイパーは、エンジンのマニホールドのバキュームを利用した設計がされており、スロットルの開閉によってワイパーの速度が変化したり、時には止まってしまうという欠点がありました。

ボッシュ 電動ワイパー

1926年 BOSCHが世界初電動ワイパーを発表

1938年 TRICO社がウインドシールドウォッシャーシステムを開発

1940年代 リアワイパーが登場

1969年 フォード マスタングに間欠ワイパー(大学教授だったロバート カーンズによる発明)

1971年 ヘッドライトワイパー(サーブ 99)

1970年 雨滴感知式間欠オートワイパー(シトロエン SM)

1988年 サイドウィンドウワイパー(トヨタ マークII/チェイサー/クレスタのオプション装備)。ドアミラーワイパー(日産 シーマ)

2012年 ワイパーブレードに設けられた穴からウォッシャー液を噴射するマジックビジョンコントロールが登場(メルセデス SL)
 
ワイパーの形状は、初期のフラットなものに始まり、1950年代にはガラスの曲面を考慮し、一定の圧力を維持するよう設計したワイパーブレードが誕生。もっとも一般的なタイプで、その形状からトーナメント型と呼ばれます。このトーナメント型にスポイラーを装備して、拭き取り性能を向上させたモデルは1980年代に登場しました。

その後、1999年にはメルセデスがBOSCHと共同開発したフラット型を採用。現在では、欧州車を中心に採用が増えています。

その他、ゴムの素材も進化し、撥水ワイパー、グラファイトワイパーなど使いやすく快適なワイパーが登場しています。

次ページワイパーの本数にはどんな変化があった?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives