【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

スズキ、新型エルティガを発表!

スズキ エルティガ

スズキ・Ertiga(エルティガ)とは、初代が2012年にまずインドで、続いてインドネシアでも生産が始まった、3列シート7人乗りMPV。生産台数の三割をMPVが占める重要な市場であるインドネシアが2代目発表の場に選ばれた。

エルティガとは次のようなスペックのクルマ。

全長×全幅×全高:4,395mm×1,735mm×1,690mm
ホールベース:2,740mm
エンジン:k15B型1,500cc、DOHC、VVT、104.7ps/138Nm、EURO4
トランスミッション:5MT/4AT

旧型比で全長が130mm延長され、エンジン排気量が100ccアップされている。インドでも生産が始まり、両国から世界70カ国に輸出される。

販売価格は発表されていないが、旧型の価格1億9,000万ルピア~2億3,000万ルピア(約150万円~180万円)に近いことが期待されている。

また、販売台数は旧型比60%と意欲的な設定。

画像ギャラリー

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives