右折は"→"と"⤴︎"どっち? 教習所で学ぶ「手信号」

交通整理のための手信号

警察官

前述したような運転手による手信号に加えて、交通整理のために使われる警察官による手信号もあります。

警察官の手信号は、信号としての役割をはたします。基本ポーズは、立った状態で左右の腕を横に水平にした状態です。交差点で、前もしくは後ろを向いた警察官がこのようなポーズだったら赤信号を意味し、警察官の身体が横(右や左)を向いていたら青信号となります。

腕を上げてバンザイのような姿勢になったら、警察官を横方向から見ている車線が黄色信号。前もしくは後ろを向いた車線は赤信号のままです。

警察官が手信号を行っている状況は、おもに信号機の故障や停電といったトラブルによるものです。遭遇した場合には落ち着いて、警察官の指示に従いましょう。


手信号は、安全に自動車を運行するために必要な技術ですが、ウインカーが壊れているなどの状況では整備不良に問われます。ウインカーが壊れた、点かないといったトラブルの際は、ただちに修理を行ってください。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives