右折は"→"と"⤴︎"どっち? 教習所で学ぶ「手信号」

自動車運転における手信号

手信号
手信号

自動車を運転中に使う手信号は、3種類あります。

1つは、右左折や車線変更の際に使用する手信号で、手信号は右手を使用します(左ハンドル車の場合は左手)。

その動作は、右折および右側車線への車線変更であれば、窓から出した右手を水平方向に伸ばします。水平にした右手の先端を軸にして車両が旋回する、というようなイメージで覚えましょう。反対の左折および左側車線への車線変更では、肘を曲げて指先が上方向を向くよう腕を直角にします。

2つ目は、停止・徐行する際の手信号です。右腕を斜め下方向に伸ばします。

3つ目は、後退する際の手信号。これは、右腕を斜め下方向に伸ばすところまでは停止・徐行と同じで、その状態で手のひらを後ろにむけて前後に振ります。

ウインカーと同様、右折・左折の手信号を出す場合には、曲がる30m手前で合図、車線変更時は車線変更する3秒前に合図を出すのが基本です。

原付や自転車、バイクでも手信号を使える

自転車

原付バイクや自転車、そしてオートバイでも基本は同じ。ウインカーの装着が義務化される以前のモデルで装備がない車両で使います。ただし、原付や自転車では後退をすることがありません。また、原付とオートバイは右手でアクセルを操作するので、おもに左手で信号を出すことになります。

この場合、左手を水平に伸ばせば左折、肘を直角にすれば右折、斜め下の停止・徐行は右手と同じです。しかし、片手でバイクや自転車を操縦して曲がらなければならないので、安定性に欠け、危険です。手信号は、注意して行いましょう。

次ページ交通整理のための手信号

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives