パーキングメーターの規制時間外に駐車すると違反になる!?

規制時間外に駐車すると違反になるの?

規制時間以外の駐車は、その道路にかけられた規制によります。というのも、パーキングメーターによる規制時間以外、その道路は本来の規制に戻るためです。その道路が本来、駐車禁止であれば、規制時間外に車を停めると、たとえパーキングメーターの枠内であっても、違反になるという意味です。

都内の住宅地に多くみられる8-20などの時間が示された駐車禁止の標識がそこにあれば、20時以降は駐車が可能となり、時間制限外でも駐禁にはなりません(ただし、夜間8時間以上停めると青空駐車違反に問われることもあるのでご注意を)。反対に、駐車禁止の標識に20-8の時間が示されていれば、その道路は夜間駐車禁止です。

要するに、その道が本来駐車禁止区間でなければ、パーキングメーターの規制時間外に停めても問題はないことになります。

時間外はなぜ?わかりやすくしないのだろうか

時間制限以外の駐車について警視庁に問い合わせてみましたが「駐車禁止かどうかは道路標識を確認してください」とのこと。

パーキングメーターのすぐ近くにあれば良いのですが、ときには数十メートル離れた場所に標識が立っている場合もあり、なかなかすぐには判断がつきません。もっとわかりやすく駐車して良いかどうか表示してくれればよいのに、と思い、今度は警視庁駐車対策課に問い合わせたところ

「パーキングメーターというのは、積極的に駐車を促進する場所ではありません。本来は駐車できない場所ですが、近隣に駐車場がない場合に周辺の交通を十分考慮して支障のない場所に設置しています」
という回答でした。

つまり、パーキングメーターは止むを得ず設置しているということ。そのため、パーキングメーターやそのそばに「時間制限外は駐禁になりませんよ!」といった案内が表示されることは、まずあり得ないでしょう。

また、駐車禁止および駐停車禁止の標識は、道路の始まりと終わり(つまり交差点から次の交差点まで)に設置されていることが多いようです。

規制時間外のパーキングメーターは、道路標識を確認してから停めるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives