サスペンション形式でわかるSUVのキャラクター

もはやオフロード走行は想定外?

ここまでお伝えした内容をまとましょう。激しいオフロード走行でも安心してこなしてくれるSUVは、「リジッドアクスル式」を使っています。

一方、「独立懸架式」を採用しているSUVは、オンロードで高い操縦安定性と快適な乗り心地を発揮してくれる反面、オフロード用のトラクションコントロールデバイスを持たない車種は、4WDであっても雪道やフラットなダート以外は、あまり激しい悪路には向いていないということが言えます。

昨今のSUVは、その多くがオフロードを走ることは想定外になっているモデルがほとんどです。特にクロスオーバーSUVに関して言えば、ロードクリアランスさえも確保されておらず、スタイルだけという車もかなりあります。かつてSUVは、オフロードを走る車というイメージが強かったのですが、その価値観も変わってきています。

SUVは、サスペンション形式やどんな4WDシステムを使っているかをチェックすれば、その車がどんなキャラクターを与えられて生まれてきたのかを、判断することができます。SUVを選ぶ際の参考にしてください。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives