だからインプレッサはモテる!インプレッサが人気の4つの理由

①左右対称の全輪駆動による、抜群な安定感

インプレッサ スポーツ

まず最初にあげられるのが、「抜群な安定感」です。スバルの「左右対称の全輪駆動」が完璧的な安定感を生み出しています。

スバルのAWDのシステムは、ただ単に全輪が駆動するだけでなく、動力を発するパワートレーンが4輪それぞれに対して左右対称、一直線上に位置に設置されています。

これによって走行時に左右どちらかに重心が傾く事なく安定した走行が実現できます。

②自動衝突防止システム、アイサイトはやっぱり魅力的!

スバル アイサイト

そして二つ目はやはりアイサイト!これがあるのとないのでは大きく違います。

スバルが世界で初めて市販車向けに搭載した「アイサイト」は、ステレオカメラで前方を監視し、自動でブレーキやクルーズコントロール等を制御するシステム。

単に衝突を防止するだけでなく、高速道路等でアクセルを踏まなくても前車のスピードに合わせて、適切な車間距離を保ってくれます。不注意等による事故を未然に防ぐ事ができます。

③燃費の良さ

そして次にあげられるのが、燃費の良さ。これは大事!

燃費はもちろん、乗り方や地域によって大きく変わってくるのですが、インプレッサのカタログ燃費は15.8km/L〜18.2km/L。

先述したアイサイトがアクセルを調整し、ムラのない走行を実現させているのも燃費が良いと言われる理由の一つです。

2014年8月にリニューアルされたモデルには自動アイドリングストップ機能もついており、更なる燃費向上システムも登場してきています。

④水平対向エンジンが生む、低振動・低重心な走り

そして4つ目が、スバルでしか味わえない低振動・低重心による走りやすさです。スバルの水平対向4気筒エンジンが生み出す独特の走行です。

水平対向エンジンは、直列4気筒と比べてピストンが上下ではなく左右に揺れるため、振動が伝わりにくくエンジンを車体の低い部分に搭載する事ができます。これによって低振動・低重心となり地面にタイヤが張り付いたような走りが可能に。

さすが、スバルのお家芸・水平対向エンジンですね!

いかがでしたか?

2013年にワゴンタイプで販売台数クラスNo.1を獲得したほどの好調な売り上げには、これらのような理由があったからでした。販売拠点が少ないスバルですが、このようにひとつひとつのモデルのブランド力を上げる事によってファンを増やしていたのですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事