トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

トヨタ初の乗用車は、トヨタではなく「トヨダ」

トヨダAAの発売は、1936年(昭和11年)4月。同年の9月には、東京丸の内の東京府立商工奨励館(現在の東京都立産業技術研究センター)で『国産トヨダ大衆車完成記念展覧会』が開かれました。

トヨタ初の乗用車であり、純国産車として初の大型車でもあるトヨダAA。自動車技術に関して、飛びぬけたセンスと圧倒的な知識量を誇る豊田喜一郎は「日本人の頭と腕で良品廉価な大衆車をつくり、国を豊かにしたい」という志を実現するため開発にあたったといわれています。

なお当時の社名は、豊田(TOYODA)なので、AA型も”トヨタ”ではなく”トヨダ”と表記されていました。1937年1月に新会社「トヨタ自動車工業株式会社」として豊田自動織機より分離独立しましたが、トヨタ博物館に展示されている復元車の名称は『トヨダ AA型乗用車”レプリカ”/TOYODA Model AA』となっています。

トヨダAAってどんな車?

トヨダAA

戦前の日本では、フォードやGMが1920年代後半に日本に進出しており、横浜(日本フォード)や大阪(日本GM)でノックダウン生産を行っていました。日本は当時すでに世界に大きな影響力を与える列強に位置付けられていましたが、自動車の製造に関する技術は未熟だったためです。

そのようななか、誕生したトヨダAA型は国産初の乗用車として、ユニークな特徴をたくさん持っていました。エンジンはシボレー製の排気量3,389ccの直列6気筒OHVをベースに設計、ボディは当時の最先端技術が盛り込まれたクライスラー デソート エアフロー(1933年)を参考にしたとされています。その影響を強く受けた流線型ボディには、5名乗車が可能な広い室内空間が確保されました。

次ページトヨダAAにはユニークなアイテムがたくさん!

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives