8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選択

MR-Sとは?

トヨタ MR-S (ライター山里撮影)

MR-Sの先代モデルはMR2。トヨタが1984年~1999年に製造販売していた、日本車初の市販ミッドシップ車です。

MR2の当初のコンセプトは「ライトウェイトスポーツ」でした。しかし、2代目モデルからパワースペック競争に影響を受け、本来のコンセプトを見失ってしまったのです。そして、1999年に後継モデルとして発売されたMR-Sで、再び当初のコンセプト「ライトウェイトスポーツ」を掲げました。

ところが、MR-Sが発売された当初、世間の反応はいまいちでした。なぜならカタログ値だけを見ると先代のMR2よりも非力になっていたからです。その結果、街でもあまり見かけないマイナー車種となってしまいました。

では、なぜ私がその非力なMR-Sに魅了されたのでしょう?

次ページ非力な車、だから面白い!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives