ヘリテージモデルをメーカーが出す理由

ヘリテージモデルを出す理由は2つ

日産 フェアレディZ フェリテージエディション

一つ目の理由は、クルマの歴史を絶やさないため。日産 フェアレディZは、初代S30型の登場が1969年なので、今年で生誕50年を迎えます。

各自動車メーカーは、長年、良いクルマを作ってきた歴史を持っています(一部の新規参入メーカーは除く)。その間には、つねに自社の商品と向き合い、競争力のあるクルマとなるよう開発を行い、顧客へ提案してきました。その商品を手に取った顧客は、良い商品ならリピーターとなり、悪いと判断すれば他メーカーに移る。こういったサイクルを通じて、生き残りをかけた競争を繰り返してきたのです。

「長い歴史を持つメーカーは強い」というよりも、「強いからこそ長年生き残っている」のです。メーカーにとって、そこで成功した歴史をもつクルマは“財産”であるというわけです。

そして二つ目は、次期型車ヘのメッセージを持たせるためという理由があります。

次期型にモデルチェンジがあるのか否か、それはまだわかりませんが、話題となるために出していることもあります。古くからのファン、そしてこれから顧客になってくれそうな若い世代に認知してもらう、こういった役割を担っているとも考えられます。

ヘリテージカーを見ることが出来るイベント

日産ヘリテージコレクション

ちなみに、日本ではヘリテージカーを見ることが出来る場所がいくつかあります。

たとえば神奈川県座間市にある『日産ヘリテージコレクション』では、歴代の日産のヘリテージカーが、約300台展示されています。歴代のスカイライン、歴代フェアレディZ、レーシングカーの見学など、日産の80年の歴史、技術の歴史、デザインの歴史など、2時間のツアーを楽しむことが出来ます(事前予約制)。

また、『オートモビルカウンシル』というヘリテージカーを眺めることが出来るイベントが毎年開催されており、第3回目を数える今年は、2018年8月3日〜5日の3日間、千葉県の幕張メッセにて予定されています。

昨年は、日本車メーカー(スバル、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ)、輸入車メーカー(アウディ、ボルボ)、ヘリテージカー販売店13社、サプライヤー、オーナーズクラブ5団体などが出展し、盛り上がりを見せていました。

興味がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives