マルチリンク式サスペンションのメリット・デメリット

マルチリンクの良い点

マルチリンク スカイライン

マルチリンクは、おもに高級車(高額車)に採用されることが多いサスペンション形式です。その目的は、乗り心地とロードノイズの改善。そのため自動車メーカーは、高いコストを払ってでも採用します。

マルチリンク以外のサスペンション形式を選択した場合、 一般的に乗り心地やロードノイズを改善させるためには、振動を吸収・減衰させる機構を、タイヤと車体の間に設けます。

具体的には、サスペンションのリンクブッシュや、サスペンションメンバーと呼ばれるパーツを車体へ繋ぐメンバーインシュレータを低剛性化し、振動遮断を狙います。

ただし、ブッシュやインシュレータの剛性を下げていくと、必然的にサスペンション全体の剛性が落ち、操縦安定性に影響します。結果、タイヤ接地点が左右方向へグニャグニャと動く”横剛性の低下”が現れ、ハンドルを切ったときの応答性の低下にもつながります。

それがマルチリンクの場合、横剛性に影響するラテラルリンクのブッシュは剛性を維持しつつ、前後剛性に影響するブッシュの剛性は下げるといった設計が可能になります(その機能がないマルチリンクもあります)。こういった特徴によって、マルチリンクは乗り心地とロードノイズを改善しながらも、操縦安定性を低下させないで済むといったメリットが生まれます。

ちなみに、サスペンションメンバーには、エンジンマウントやデフからの振動も入ってきますので、サスペンションメンバー本体の剛性(振動工学的には弾性固有値)も、重要な役割を持っています。

では、マルチリンクのデメリットはなんでしょう。

次ページマルチリンクのデメリットは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives