日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

オペル/ボクスホール コルサ

オペル コルサ

ドイツの自動車メーカーであるオペルと、その姉妹ブランドのボクスホール(イギリスで販売する場合のブランド)が販売するBセグメントのモデルが「コルサ」です。以前、日本で販売されていたオペル ヴィータの欧州名がコルサでした。

現在販売されているコルサは、軽量コンパクトな車体に、ダウンサイジングターボの1.0リッター3気筒直噴ターボの組み合わせです。

またBセグメントの水準以上ともいえる充実した快適装備、たとえば雨滴感知ワイパーやクルーズコントロール、前席シートヒーターなども与えられ、ライバルがひしめくコンパクト市場において人気を獲得しています。

シュコダ オクタビア

シュコダ オクタビア

日本ではあまり馴染みのないチェコの自動車メーカー、シュコダは、VWグループのブランドです。ヨーロッパ市場でとても高い評価を受けています。ラリーがお好きな方であれば、WRCでオクタビアやファビアのWRカーが走っていたことを思い出すかもしれませんね。

シュコダの主力車種は、「オクタビア」というCセグメントに属するモデルです。前述したようにシュコダはVWグループで、オクタビアにもゴルフやアウディA3と共通のプラットフォーム MQBを使用しています。

直線基調のエクステリアデザインとシンプルなインテリアが特徴で、3種類のボディタイプと8種類の豊富なエンジンラインナップにより、ユーザーは好みと使用目的に合わせて選択できます。

ダチア サンデロ

ダチア サンデロ

あまり馴染みのないルーマニアの自動車メーカー、ダチアの販売する、Bセグメントの「サンデロ」もヨーロッパで人気のモデルです。

1999年にルノー傘下に入っており、ルノーの部品を流用し、徹底したコスト削減に取り組み、低価格を武器に販売台数を伸ばしています。実際、サンデロの2代目モデルは、英国では新車でもっとも安く買えるクルマ(最廉価グレードで5,995ポンド)となっています。

価格なだけでなく、デザインもシンプルで機能的かつ洗練されたもので、同じクルマに永く乗り続けるヨーロッパの人たちに受け入れやすいものとなっています。さらに、ヨーロッパは安全に対する意識が非常に高く、充実した安全装備が廉価モデルに備わっていることも人気の理由となっています。


日本では”低速時、発進時でも快適であり、かつ経済的であること、小回りがきくこと”という考えが根強いと思いますが、ヨーロッパでは”長距離でも快適であり、安全性が高いこと、価格と性能のバランスが良く、機能的であること”という価値を大事にしていると考えます。

もちろん日本でも、住む地域によって道路事情や環境が異なりますから、ヨーロッパ車の提供する考え方が、ある地域では生活にしっくり馴染むということがあるかもしれませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives