日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

ヨーロッパではどんなクルマが人気なのか?

ラウンドアバウト

当然のことながら、日本とヨーロッパでは道路事情が異なります。日本は交通量があって信号も多く、発進と停止を繰り返しながら走行するのに対し、ヨーロッパではラウンドアバウト(環状交差点)という信号機のない交差点が一般的です。

また、主要国では無料の高速道路が多く、しかも制限速度は日本よりも高い場合がほとんど。そういった事情から、中長距離における移動の快適性をクルマに求める人が多くなっています。

つまりストップ&ゴーを繰り返すドライブが少ないため、ヨーロッパでは価格が高いAT車よりもMT車が主流です。そして本体価格が多少高くても、燃費の良いディーゼルエンジンを選択する人が多いようです。

自動車の解説で目にする「セグメント」とは、車種を車体の大きさに応じてクラス別にしたもので、一番小さなものが”Aセグメント”とされ、もっとも大きなクラスは“Lセグメント”になります。

このうち一番人気があるのが"Cセグメント"。クルマの大きさで言えば、フォルクスワーゲン ゴルフがこのクラスに相当します。Cセグメントは前述の道路事情を踏まえた動力性能、積載能力、扱いやすさ、価格のバランスにおいて優れており、市場ニーズが一番高いと言えるでしょう。

最近では、Cよりひとつ小さいBセグメントも、小型ながら魅力的な車種が数多く登場し人気が出てきています。こうした背景を踏まえたうえで、日本ではあまり見かけない、ヨーロッパの人気車をいくつか紹介していきます。

次ページ日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives