材質は布!そして、変形する!BMW異色のコンセプトカー「GINA」

百聞は一見にしかず!まずはこの動画をご覧ください!

多くのコンセプトカーは風変わりなデザインをしていますが、このBMW GINA(以下ジーナ)は特に変わった見た目をしています。
直線の部分がほとんどなく、ドアを開ける際にはぐにょーんと曲がっています。
何やら不気味さすら感じる車ですが、BMWが6年間開発を進めてきた謎のコンセプトカーです。

ポイント①素材は何と金属ではなく・・・

BMW

鉄、スチール、カーボン、アルミニウム、そして炭素繊維強化樹脂など自動車が発明されて以来様々な素材が使われてきました。
しかし、BMWの開発陣は思ったそうです。「鋼材や樹脂以外に、剛性の高いボディ・シェルを作り上げる素材は存在するのだろうか?」と(BMW HPより)。
そして行き着いた素材が何と「布」。
もちろん通常の布ではなく、弾力性、耐久性、そして防水性に優れたライクラというストレッチ素材を使っています。
素材に布を使うなんて前代未聞です!
耐久性のある布ならば、交通事故が起きても加害者、被害者共に無傷で済むのでは?とか外して洗濯機で洗うこともできるのでは?など妄想が膨らみますね!

ポイント②何たるロマン!変形する車

変形すると言ってもトランスフォーマーのようなロボット的な変形ではありません。

動画にも出てくるように、必要な時に必要な形に代わってくれるような変形です。ドアを開けたいと思った時にはドア部分が変形し、ライトを点ける時には閉じられていたライト部分がまるで目のように開くなど。

運転席のヘッドレストも自在に形が変わります。変形と言うよりは形を変えると言った方が近いかもしれません。まるで生き物のようです。

これこそ車の未来を変えてくれそうな1台ですが、今のところ市販化の予定はありません。

しかし、デザインは今後のBMWの車に影響を与える可能性は高く、BMWの何らかの方向性を指し示した1台として意味のある車ではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事