タイヤのパンクの種類とその対策まとめ

パンクの種類とその対策④〜⑥

タイヤ 空気圧

その④:空気圧異常

釘が刺さった、ビードの破損・変形の他に、バルブの劣化による空気圧の低下も考えられます。

空気圧異常によるパンクやバーストを防ぐためには、普段からの点検が必要。月に1度は愛車のチェックを行いましょう。もしもバルブに異常がある場合は、最寄りのスタンドやタイヤショップで交換しましょう。

その⑤:いたずら

クルマ(タイヤ)へのいたずらを防ぐには、他者が近づけないよう駐車場に工夫をすることです。自宅ならビルトインガレージ、シャッター、ゲート、警報機、ライト、防犯カメラ、番犬などで防犯対策をします。

外出先なら、路地裏の暗いコインパーキングは避け、立体駐車場、地下駐車場など管理者が常駐する駐車場を利用するようにしましょう。

その⑥:タイヤの劣化

タイヤはゴムでできており、ゴム製品は3~5年で劣化します。タイヤも例外ではありません。タイヤは車の走行と安全を両立のために率先して留意しなければならない部品です。できることなら3年で交換が望ましいといわれます。

タイヤが経年劣化した場合、弾力や硬度を失い、破損が多くなります。事故やトラブルを未然に防ぐためにも、タイヤ交換を定期的に行いましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives