タイヤがパンク!パンク修理剤を使うときの注意点

パンク修理剤はいつから主流になった?

タイヤパンク修理剤

昨今はパンク修理剤を積んでいる割合が高まっています。昔の車の応急処置ツールといえば、スペアタイヤと車載ジャッキ。一般的にタイヤがパンクしたときは、そのタイヤをスペアタイヤへ交換する方法が直感的にわかりやすいといえます。

しかし、平成20年に発売されたスズキ ワゴンRにパンク修理剤が搭載されたのを皮切りに、各メーカーもパンク修理剤を搭載する方向へシフトしていきました。

その背景は、スペアタイヤを使用せずに廃棄する事例を見過ごせなくなり、各メーカー側がコストや環境に配慮して、パンク修理剤を導入する流れがあったとされています。

では、そんなパンク修理剤の正しい使い方とは?

次ページ修理剤の正しい使い方

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives