岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.89 LAのパーキングメーター

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.89 LAのパーキングメーター

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい ロゴ

調べてみたところ、2010年頃から導入が始まり、市民からは「ちょっとでも時間オーバーするとすぐに罰金を取られる」と嫌われているらしい。けれど、融通の利かない日本のパーキングメーターに慣れた僕からすると、まるで気の利いたコンシェルジュのように素敵な存在に思えた。

まず、クレジットカードで支払えるのがいい。日本の場合、パーキングチケットなら1,000円札でも支払えるが、パーキングメーターはお札はおろか、10円玉も50円玉も受付拒否。そのうえクレジットカードも使えないから、事前に100円玉をきっちり3個用意しておかなければならない。

次に、停める時間分だけ支払えばいいというのも親切だ。たったの5分だけ停めてコンビニで買い物をするようなときでも、日本は300円払わなければならず、残り55分の料金は無駄金になってしまう。

その点、アメリカのパーキングメーターはパーキングメーター上にある「MORE」と「LESS」のボタンを押すことによって、15分から4時間まで、自分が停める時間分だけ支払えばいいことになっている。実に合理的である。

場所や時間帯によっては駐車できる最大時間が2時間になることもあるようだが、それでも日本の1時間と比べたらずっと親切だ。1時間では髪を切るのも心許ないし、マッサージの60分コースは受けられないし、打ち合わせも大急ぎで切り上げなくちゃならない。けれど2時間あればできることの範囲は大幅に拡がる。

言ってみればそれだけの話しではあるのだが、僕はそこに行政や警察のクルマに対する考え方の違いを感じる。どうしたら便利にクルマを使ってもらえるかを考えているアメリカに対し、日本はきっと、仕方ないから特別にクルマを停めさせてやってるとでも考えているのだろう。クルマ大国なのに情けないかぎりだ。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives