岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.47 人間研究と切り離せない次世代安全システム

レクサス IS

「豪華」から「本物」へ 走りに心血を注いだレクサス

アヘッド レクサス IS

レクサスが目指しているのはピカピカのトヨタ車なのか? それともトヨタ車とは異なるベクトルなのか? 最新のレクサスである新型ISは、レクサスの目指すところを、いまもっとも明確に表現しているモデルだ。

スピンドルグリルを配した顔つき は「獰猛」という表現がよく似合う。 無難にまとめたデザインが多いトヨタ車とはこの時点で大きな違いを感じる。しかし本当の違いはクルマ作りの根本にある。新型ISを開発するにあたって 開発陣がもっとも重視したのは「走り」だ。

とはいえ、走りと言ってもサーキット走行から近所のスーパーへの買い物まで、想定シーンは多種多様。どこに焦点を合わせるかがクルマのキャラクターを決めるうえでの大きなキーになる。通常、低速域を重視すれば足はソフトになり、逆に高速域重視だと固める方向になる。

ISが狙ったのはどこか。端的に言えば「すべて」である。というと焦点のぼけたクルマだと思うかもしれないが、そうではない。開発陣は低速から超高速域にいたるすべての速度域での走りを徹底的に磨き上げようとしたのだ。

この欲張りな狙いを実現するために必要なのは基本性能をかさ上げすること。基本性能が高ければ低速域でも高速域でも質の高い走りを実現できる。具体的には、レーザー溶接、接着、スポット溶接増加といった、手間とコストはかかるが実りも大きい製造方法を惜しげもなく採用し、強靱なボディを手に入れた。

その効果を知るのにいちばん手っ取り早いのは実際に試乗してみることだ。低速域ではスムースに足が動き、高速域ではフラットで安心感の高い動きを示す。固いとか柔らかいという低次元の話ではなく、しなやかなのにしっかりしているという質感の高い乗り味を身につけてきた。

そう、レクサスが目指しているのはピカピカで豪華なトヨタ車ではなく、見えないところにまで心血を注いだ質の高い「本物」なのである。

「真の“走る楽しさ”の体現」を開発キーワードとし、ISのDNAとも言える「気持ちよい走り」と「スポーティなデザイン」を追求。ハイブリッドモデルのIS300hは、スポーツセダンに不可欠な高い動力性能と快適性の両立に加え、クラストップレベルの環境性能を達成することに成功した。

車両本体価格:¥4,800,000
全長×全幅×全高(mm):4,665×1,810×1,430
車両総重量:1,670kg 乗車定員:5人
【エンジン】形式: 直列4気筒DOHC  
総排気量: 2,493cc最高出力:131kW(178ps)/6,000rpm 
最大トルク:221Nm(22.5kgm)/4,200〜4,800rpm
【モーター】最高出力:105kW(143ps) 
最大トルク:300Nm(30.6kgm)
JC08モード燃費:23.2km/ℓ 
駆動方式:後輪駆動

キャデラック ATS

ニュルで鍛えたスポーツセダン “通”の新たなる選択肢

アヘッド キャデラック ATS

キャデラックといえばアメリカを代表する高級車ブランドであり、1960年代まではメルセデス・ベンツをも凌ぐビッグブランドとして世界に名を馳せていた。

アメリカンドリームを象徴する優雅なデザイン、巨大なエンジンに加え、セルモーターやパワーステアリング、エアコンといった、いまでは当たり前になった快適装備を他に先駆けて搭載し、後の普及につなげた功績は大きい。

しかし、巨大な北米市場に偏重したクルマ作りはグローバルでは理解を得られず、オイルショックが訪れた70年代前半以降はお膝元の北米市場ですら次第にその輝きを失っていった。そんな状況に危機感を覚えたGMは2000年代前半からブランド再生に乗り出す。

そこで用いた手法は、キャデラックのイメージを根本から覆すものだった。スポーティーなデザイン、強力なエンジン、ニュルブルクリンクで鍛えたボディとサスペンション。それはまさに、BMWのクルマ作りを強く意識したものであり、2003年に登場した初代CTS以降、キャデラックのブランドイメージは急速に変わっていった。

そんなキャデラックの最新モデルがATSだ。CTSよりひとまわり小さく、ライバルはBMW3シリーズやレクサスIS。エッジの効いたデザインもさることながら、50:50という前後重量配分をもつFRレイアウトという基本構成からも、スポーティーなキャラクターがうかがい知れる。

走り始めて驚くのはまるで金庫の中にいるかのようなボディの硬さだ。ボディ自慢のISよりもさらにガッチリしている。スポーツセダンという方向性を明確に打ち出している分、足回りはかなり引き締められていてるが、粗さはない。

切れ味のいいスポーツセダンを求めている人なら、ドイツのライバルやISよりもATSの乗り味を好むだろう。439万円〜という価格を含め、クルマ通の選択肢として大いに注目すべき存在だ。

コンパクトなフォルムを持つラグジュアリーセダン。ブランドコンセプトの「アート&サイエンス」を新たな解釈で表現し、アーティスティックな美しさと高い機能性を融合している。質感の高いレザーシートやアルミニウム製のトリムなどによりクールでモダンな室内空間となっている。

全長×全幅×全高(mm):4,680×1,805×1,415
車両総重量:1,580kg 
乗車定員:5人
エンジン:直列4気筒DOHC インタークーラー/ターボチャージャー付
総排気量:1,998cc 最高出力:203kW(276ps)/5,500rpm
最大トルク:353Nm(35.9kgm)/1,700〜5,500rpm
駆動方式:後輪駆動

次ページフォード・フォーカスとボルボV40クロスカントリー

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives