オンナにとってクルマとは Vol.32 Pシュランの三ツ星は…!?

オンナにとってクルマとは

Vol.32 Pシュランの三ツ星は…!?

なんてことを考え始めたら、どうやっても二言三言の短いコメントにはまとまらず、あらためてバックでの車庫入れというのは、言葉ではなく実践で教わるのがいちばんだと痛感した。だからこそ、苦手な女性が多いのかもしれない。お料理のように、材料を切って、炒めて、味付けして、と動作を区切ることができれば、もっとわかりやすいのだろうけれど。
 
ただ、車庫入れが上手くいくかどうかを左右するのは、運転テクニックよりも何よりも、その駐車場の特徴の方が断然大きいことも痛感する。女性同士で話していると、「あのお店は駐車場が入れにくいから行きたくない」なんて会話はしょっちゅうだし、私自身も、隣りに大きなミニバンなどがないか、邪魔な柱などがないかと、必ず停めやすそうなスペースを選んでいることに気づく。
 
では、停めやすい駐車場のポイントはなんだろう。思い立っていくつか挙げてみると、まず明るくて全体の見通しがいいこと。通路と駐車スペースが垂直で、通路は2車線くらいの広い幅があると安心。柱は駐車スペースの通路側ではなく、タイヤ止め側にある方がバックしやすいし、「ガリッ」とぶつける確率も低そうだ。

そして、大きな通路から枝分かれした通路に駐車スペースが並んでいると、バック中に待たせるクルマが最小限で済むし、さらに満車・空車の表示があればスペース探しもスムーズだ。主観では羽田空港の立体駐車場がこの理想に近いと思うけれど、どうだろう。
 
近頃は、ナビやガイドブックで駐車場の台数、料金、満空情報などが分かるようになって便利だけれど、停めやすいかどうかまでは行ってみないとわからない。ミシュランガイドじゃないけど、優秀な駐車場に☆をあげる“Pシュラン”なんてのがあったら、三ツ星はどこが取るのか興味津々だ。

-----------------------------------------------
text:まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives