フレンチプレミアムという選択 PEUGEOT 508

フレンチプレミアムという選択 PEUGEOT 508

ahead PEUGEOT 508

視覚だけでなく触感にまでこだわった上質な空間がもたらす心地よさは「クォリティ・タイム」という508のコンセプトをもっとも明確に表している部分だ。ライバルたちを凌ぐ広々とした室内空間を含めて評価すれば、このクラスでもっともラグジュアリーなインテリアだと断言できる。
 
しかし当のプジョーは508を高級車とは呼んでいない。エンジンは1.6ℓの4気筒ターボのみだし、価格もナビ付きで397万円。プジョーが狙っているのは、豪華で速い「贅沢な高級車」ではなく、手の届くところにいる「上質でセンスのいいエレガントなクルマ」なのだろう。このあたりは実にフランスらしい考え方だと思う。
 
歴史的に見て、フランスの自動車メーカーは控えめなクルマ作りを得意としてきた。お隣の国イタリアにはフェラーリがある。ドイツにはメルセデス・ベンツが、イギリスにはロールス&ロイスがある。なのになぜフランスは豪華絢爛な高級車やスーパーカーをつくらないのだろう?

ahead PEUGEOT 508

ある人は「18世紀の市民革命でブルジョア思想が一掃された影響」という。またある人は「フランス人は合理的だから」という。けれどこれらの説では、目の玉の飛び出るようなプライスタグを付けたバッグやジュエリーを世界中に売りさばいていることを説明できない。僕がいままで聞いた説のなかでいちばん納得できたのは「欧州人」という考え方に基づくもの。

つまり、スーパーカーが欲しければイタリアにある。高級車が欲しければドイツにもイギリスにもある。だから、なにも自分たちが他の国のマネをして同じようなクルマを作る必要なんてない。われわれは、自分たちが欲しいと思うクルマを作ればいい…というものだ。
 
隣国とまともな外交関係すら築けない日本人には少々理解しにくい部分だが、欧州の人は各国人である前に欧州人であるという意識を持っているのだという。なるほど。そういった基礎があるからこそ、EUや通貨統合といった、国境をまたいだ巨大プロジェクトが成し遂げられたのだろう。

かくしてフランスは、ドイツ車ほど質実剛健ではないけれど、イタリア車ほど享楽的ではなく、かといってイギリス車のような貴族的雰囲気の持ち主でもないという、独自のキャラクターを持つにいたった。ひと言で表現するなら「さりげないプレミアム」となるだろう。そういったキャラクターの根底に流れているのは「クルマでステータスを誇示しようなんてこれっぽっちも考えていない」というフランス人の価値観だ。
 

ahead PEUGEOT 508

たしかに押し出し感の強さでは他の欧州車には及ばないかもしれない。しかしその分、508は、乗っている人のセンスをさりげなく引き出してくれる。高級車特有の威圧感やギラギラ感がないから、クルマがオーナーの個性を包み隠してしまうことがない。彼らにとってクルマは脇役。決して主役ではないのだ。
 
それでいて、実際に眺め、触れ、走り出すと、そこには紛れもないフランス流の美意識やエレガンスが感じられる。なかでも、走り出した瞬間にホッとさせられる優しい乗り心地と、素直さのなかに隠し味として仕込んだ軽快感こそがプジョーならではの味わいだ。

ワインディングロードはもちろん、高速道路でレーンチェンジをしたときや街中で交差点を曲がったときでも、肩から力の抜けた気持ちのいいスポーティーさを味わわせてくれる。
 
最新のダウンサイジングコンセプトに基づく1.6ℓ直4ターボエンジンは、徹底的な軽量化対策と燃費性能向上に加え、2.5ℓエンジン並みのトルクをわずか1400rpmから発生する粘り強いトルク特性が特徴だ。よくできた6速ATとあいまって、決して小さくないボディを軽快に走らせつつ、丁寧な運転を心がければ15㎞/ℓを超える燃費も期待できる。
 
デザイン、質感、装備、走り、環境性能など、すべての面で高いバランスを実現した508。古典的な高級車を好む人からは「物足りない」と思われるだろうが、これみよがしの高級感を嫌う人の目には非常に魅力的に映るのではないだろうか。

実際、パリあたりでは508を粋に乗りこなしている人をよく見かける。もちろん、508に乗っているのだからそれなりの経済力もあるのだろうが、決してギトギトしたオヤジ系ではない。そのスマートな姿は、男の僕から見ても素敵だ。

プジョー508 SW

ahead PEUGEOT 508

ひとつの塊から削り出されたような存在感のあるデザインは、チーフ・デザイナーの「ジル・ヴィダル」によるもの。走行性能はもちろん、クラス最大級の室内空間、装備類の充実にもこだわった。セダンとステーションワゴン(SW)を用意し、共に2グレートを設定した。

車両本体価格:¥3,970,000(508 SW Allure)
                     ¥4,400,000(508 SW Griffe)
エンジン:ターボチャージャー付直列4気筒DOHC 
総排気量:1,598cc
最高出力:115kW(156ps)/6,000rpm
最大トルク:240Nm(24.5kgm)/1,400-3,500rpm 
駆動形式:前輪駆動 
お問い合わせ:プジョー コール TEL.0120(840)240

---------------------------------------
text : 岡崎五朗/Goro Okazaki
1966年生まれ。モータージャーナリスト。青山学院大学理工学部に在学中から執筆活動を開始し、数多くの雑誌やウェブサイトなどで活躍。テレビ神奈川の自動車情報番組『クルマでいこう!』に出演中。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives