子どもの頃に夢見た乗り物。 パワードバイク S1

子どもの頃に夢見た乗り物。 パワードバイク S1

アヘッド パワードバイク S1

POWERed BIKE S1
価格:¥399,000 
問い合わせ先:カーボンドライジャパン 
TEL:052(807)3336 
MAIL:info@carbondryjapan.com www.cyclebox.jp
●パワードバイクS1は原動機付自転車です。
●価格には新車整備費、自賠責保険・登録費用などの諸費用は含まれておりません。
●記載の価格は参考価格です。詳しくは販売店にお問い合わせください。
●掲載の写真はプロトタイプです。実際の商品と異なる場合があります。

そんなディアベロと日本のカーボンパーツメーカーであるカーボンドライ・ジャパンが提携し、今回新たに開発されたのが、この『パワードバイクS1』だ。
 
ご覧の通り、フラットハンドルと大径ホイールを装備したマウンテンバイク的なスタイルが与えられ、そのメインフレームにはバッテリーが設けられている。

ただし、これはいわゆる電動アシスト自転車ではなく、法律上は原動機付自転車になるのが特徴だ。その最大の理由が速さにある。というのも、パワードバイクS1のペダルに電動の力をフルに加えれば、特別な脚力の持ち主でなくても軽々と原付の法定速度を超え、かなりのスピードで走れてしまうからだ。

日本の道路交通法下では、電動アシスト自転車のことを駆動補助付自転車と呼び、その補助(=アシスト)は24㎞/hまでと定められているが、これは、その枠に収まらないため、原付扱いになるというわけだ。

そのカギを握る動力源には、パナソニック製のリチウムバッテリーとEU基準のハイパワーモーターを採用。そこから発揮される出力は、スピードに応じて9つのパワーモードが設定され、0~5㎞/hまでが〝1〟、5~10㎞/hまでが〝2〟というふうに最高が〝9〟、時速にして45㎞/hまでアシストを受けることができるのだ。
 
実際、加速性能の高さには驚かされる。トルクセンサーが内蔵され、ペダルに一定以上のトルクが加わるとモーターが作動して踏力を一瞬にして軽減。パワーモードと9段変速ギアを併用してスピードを上げていくと、掲げられたスペック通り、いとも簡単に45㎞/h近くまで達してみせたのだ。
 
もちろん、足回りやブレーキ性能は、その速度域に対応したもので、フロントフォークにはON/OFF切り替え可能なサスペンションを、前後ブレーキには油圧式のディスクブレーキを装備。十分な衝撃吸収性と制動力が与えられている。
 
また、登坂力も申し分ない。普通の自転車なら、立ちコギしても進めないような傾斜を涼しい顔でグイグイと登っていける様は、頼もしさに溢れるものだった。
 
今回、こうして1時間近くに渡って高負荷を掛けてみたが、バッテリー残量計に変化は見られなかったことから、持続性にも期待できそうだ。ちなみにバッテリーの充電時間は、残量ゼロからで6・5~7時間程。クイックチャージャー4時間程度で80%完了するという。
 
言わばこれは、自転車でもバイクでもないパワードバイクという新ジャンルの乗り物であり、子供の頃に思い描いた「自転車がバイクみたいに速くて、坂道も簡単に上れればいいのに…」という、夢の乗り物の完成形とも言えるだろう。
 
このように、優れた瞬発力と耐久力を発揮するのは間違いないが、実は快適性だけを追求したものでもない。パワーモードによるアシスト幅が広く、ペダルが重い状態でも走れることを利用した下半身強化等、より積極的なフィジカルトレーニングへの活用も想定されているのだ。
 
街中での利便性だけがクローズアップされてきた電動アシスト自転車だが、このパワードバイクによってスポーツやツーリングのための新モビリティツールへと進化しようとしているのかもしれない。
 
最新カタログを見るとそこには「expands your physcical ability」という文字が踊っている。ただペダルを回すだけで未知の領域を体験できるというわけだ。
 
現在予約受付中。日本への正式導入(初回ロット100台)は10月からとなる。

------------------------------------------
text:伊丹孝裕/Takahiro Itami
1971年生まれ。二輪専門誌『クラブマン』の編集長を務めた後にフリーランスのモーターサイクルジャーナリストへ転向。レーシングライダーとしても活動し、これまでマン島TTやパイクスピーク、鈴鹿八耐を始めとする国内外のレースに参戦してきた。国際A級ライダー。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事