妄想がふくらむ軽自動車 〜スズキ ハスラー

妄想がふくらむ軽自動車 〜スズキ ハスラー

アヘッド スズキ ハスラー

とぼけた丸目の愛嬌ある姿と全面に押し出されたアウトドア色に、なんか面白そうだなぁと見つめていたら、次の瞬間「遊べる軽、出た!」のナレーション。え、これって軽自動車なの?と驚いた。

ハスラーは、スズキが投入した“軽自動車×SUV”というまったく新しいジャンルのクルマだ。長い歴史を持つ本格的四駆車のジムニーほどオフロード寄りではないが、SUVというだけあって、雪道や起伏のある道でも十分対応できる走破力を持つ。

同時に、アイドリングストップ機能やシートバックテーブルをはじめとする豊富なユーティリティなど、街乗りやアウトドアでの使い勝手をより重視したスタイルとなっている。

気になって、近くのスズキ販売店で乗らせてもらった。インテリアパネルはボディ色によってオレンジ色もしくは白色が使われ、シートにはボディと同色のパイピングが施されている。インテリアの質感やデザイン性、タイヤの大きさなどどれをとっても、軽自動車に抱いていたようなチープなイメージはない。

中でも心をくすぐられたのが「スキー&スノーボード」「サーフィン」「キャンプ」といったようにシーンに合わせ5つのアクセサリーパッケージをオプションで用意していることだ。

例えばサーフィン用には、着替えに役立つカーテン&タープキットや電動シャワーに便利なACプラグ、車中泊用にはベッドクッションや外から見えないプライバシーシェードなどがついてくる。

これまでは「軽自動車って、燃費や室内空間など実用性優先でしょう」と思い込んで、選択肢から外してしまっていた。

ハスラーが、そうした先入観を飛び越えて心に刺さったのは「これで車中泊しながら旅行がしたい」「軽だし、思い立ったらすぐにキャンプに行けいけそう」など、手に入れた先に、心躍る日常が広がっていくことをイメージできたから。

一押しは、写真のポップなオレンジボディ×ホワイトルーフのツートンカラーらしいが、いや、あえて落ち着いたカーキ単色を選んだほうがカッコいいかも…。色んな角度で遊べるクルマである。

スズキ ハスラー
車両本体価格:¥1,048,950〜¥1,576,050
最高出力:38〜47kW(52〜64ps)/6,000rpm
最大トルク:63〜95Nm(6.4〜9.7kgm)/3,000〜4,000rpm
JC08モード燃費:29.2〜23.2km/ℓ
ボディカラーはポップなツートンカラーを中心に全11色を用意。グレードは3種類から選べ、自然吸気とターボエンジン、5速マニュアル、四駆など選択肢も豊富。http://www.suzuki.co.jp

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives