オンナにとってクルマとは Vol.41 オンナのオートサロン考

オンナにとってクルマとは

Vol.41 オンナのオートサロン考

でも、それだけじゃない。まだきっと、いろいろな要素があるはずだ。私は今年も会場に連日通い、女の子がいったいどんな展示物やショーに関心を持つのか、ついつい観察をしてしまった。

乗用車のドアをガルウィング式に変えたカスタムカーの前で、カップルが話していた。「これスゲー、やりてー」と言う彼氏にすぐさま、「はぁ?こんなのいらないっしょ。降りるの恥ずかしいわ」とツッコんだ彼女だったが、今度はシートがフルレザーでスワロフスキー、ファーまでついているクルマを見つけ、「やばい、これかわいい!」と目を輝かせていたのが興味深い。

またある女の子ふたり組は、ミニバンの室内がL字型のゴージャスなソファになっているカスタムカーが気に入った様子だ。「家にこれあったらよくない?」「いー!毎日ここでみんなと飲みたい」。

こうして観察していると、女の子が惹かれるポイントがなんとなく、見えてくる。ひとつは、「意外性」だ。彼女が日頃から好きなもの、かつ彼女の常識ではおよそクルマと結びつかなかったものが、ステキに融合しているとキュンとする。スワロフスキーしかり、ゴージャスソファしかり。そしてもうひとつ、「夢を叶えてくれるもの」にも反応がいい。プリンセス、セレブ、ちょっと非日常の世界などを叶えてくれるクルマに、女は弱い。

あとは、キャンギャルのお姉さんたちを女性客が敬遠するかと言えば、そうばかりではないのも意外な事実だ。嫌いなのはカメラ小僧だけであって、「あのお姉さんかわいい」とか「あのコスチュームいいね」なんて話しているのを聞くと、やっぱり女だってきれいなお姉さんは好きだし、実はコスプレも嫌いじゃない。

女のオートサロン考には、まだまだ新しい発見がありそうで、それをクルマづくりやサービスにも応用したら、きっと面白いに違いない。

-----------------------------------------------
text:まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事