オンナにとってクルマとは Vol.43 レンタカーの選択肢

オンナにとってクルマとは

Vol.43 レンタカーの選択肢

車種はたいてい、ヴィッツなど1.0〜1.3ℓのコンパクトクラスを指定する。その場になるまで何が出てくるかわからないから、山道がある時にスイフトに当たるとちょっと嬉しかったり、すでにマイナーチェンジをしたあとに旧モデルに乗れると、いい復習の時間になったりと、私にとっては楽しいシステム。

でも一般の旅行者にとっては、あらかじめ車種まで指定できる方が本当は安心なのかもしれない。慣れているクルマがいい人もいれば、いつもと違うクルマに乗りたい人もいるし、行く前に調べておくこともできるから。

そういえば、事前に障害保険を申し込んであるにもかかわらず、当日になってさらに手厚い内容の保険加入を勧めるのもおかしな話だ。「もし全損になっても、これに入れば自己負担が5万円で免責になります」などと言われたら、いくら運転に自信があっても断る勇気はない。

しかも、そうやって不安感を煽るわりには、クルマの前でキーを渡されて、ろくに扱い方の説明もない場合が多い。

一度、九州で借りた時は、ステアリングのロックが外れたままだったことがあったし、大阪ではサイドミラーが折り畳まれた状態で渡され、シートベルトを締めてからその操作が手動であるとわかり、不親切だなぁとガッカリしたこともあった。

しっかり説明をしてくれる大手会社もあったけれど、いい加減なところが多いのは事実。クルマに不慣れな人は、かなり不安な気持ちのまま走り出すことになるはずだ。

そうした数々の不満はあるものの、やっぱり景色のいいところをクルマで走るのは格別の思い出になる。女性はとくに、「レンタカーで乗って気に入ったのでデミオを買いました」というようなパターンをけっこう聞くくらい、特別な体験となるようだ。

レンタカーは間違いなく、クルマ好きを増やすための重要な役割を担っている。もっともっと魅力的なモデルが、リーズナブルに借りられるようになってくれたら嬉しい。

----------------------------------------------
text:まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives