サーキットを走る前に知っておきたいこと

サーキットを走る前に知っておきたいこと

アヘッド サーキット前に準備するもの

特定のサーキットでライセンスを取るためには、そのサーキットが開いているライセンス講習会に参加し、規定の会費を納める手続きが必要となる。

どこのサーキットでライセンスを取るかは悩みどころだが、私の場合、目的のサーキットが遠いと往復に掛かる時間や渋滞のことを考えてつい億劫になってしまい、結局、最後は"通いやすい場所"に落ち着いた。

袖ヶ浦フォレストレースウェイなら、道路状況が良ければ、編集部のある横浜か1時間強で行くことができる。例えば午前中に30分を2枠、3枠走って、午後仕事に戻ることもできるから、平日の走行枠を利用することも可能だ。



サーキットを走るにあたって、どんなクルマなら走れるの? とか、どんな服装でなければいけないの? といったような疑問は、各サーキットのHPを見れば良い。またどんなライン取りで、どんな風に走ればいいの? といった実践的な疑問に関しては、ネットなどを探せばいろいろと答を見つけることもできるだろう。

でも、いざ「さぁ今から走りに行こう」となったとき、どんな準備をして行ったらいいのか、最初、私は皆目分からなかった。

サーキットに行くようになって分かったことだが、走行前にはいろいろとやることがあって、実は結構忙しい。走行券の購入や着替えに加え、クルマの中の荷物を全部外に出して、空気圧をチェックしたり、エアバックを解除したり。一方では走行前に少しずつ水分の補給もしておいた方が良い。

袖ヶ浦フォレストレースウェイでは走行時間は1枠30分。終わってピットに戻って来たら、まずはボンネットを空けてエンジンを冷やすこと。タイヤの空気圧もチェックした方が良い。

走行を終えて帰る前には、空気圧を元に戻し、ホイールナットの弛みを再度チェックして、エアバックとespをONにすることも忘れてはいけない。

切るのも戻すのも忘れると大変なので、サーキットに行くときには、「エアバッグ、esp」とマジックで大きく書いたガムテープを、インパネの目立つ場所に貼るようにしている。

慣れている人はすべてを一人でこなせるけれど、できれば誰かに一緒に来てもらうのがベターだ。準備がスムーズにいくと集中して走行に臨むことができる。慌てないよう、準備はしっかりやっておきたい。

アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎あると便利なものが、クリアケース(持ち物をまとめて入れておく)、ブルーシート(雨のときに敷いたり、掛けたりする)、クーラーボックス(冷やしたタオルや飲み物を入れておく)、椅子(荷物も置けるし、人も座れる)などだ。

アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎車内の荷物は走行中に暴れないよう基本的にすべて外に出す。足下マット、非常灯、カーナビや、グローブボックスなどの中身も。細々としたものはクリアケースにまとめておくと良い。

アヘッド サーキット前に準備するもの
アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎クルマへの負担をできるだけ減らしたいので、スペアホイールや、ジャッキなどの備え付け工具一式も車外に出す。

アヘッド サーキット前に用意しておくもの

▶︎左から十字レンチ、空気入れ、エアゲージ、ストップウォッチ。ホイールナットに弛みが無いか、走行前、走行後にチェックし、弛んでいたらしっかり締める。空気圧はこまめにチェックして、サーキット走行に最適な空気圧を探りたい。適正な空気圧については懇意にしているショップなどに聞いてみるのも良いだろう。

アヘッド サーキット前に準備するもの
アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎コース上で動けなくなった際に牽引車に引っ張ってもらえるように、牽引フックは積んでおく必要がある。あらかじめクルマの牽引フックの位置を確認しておきたい。

アヘッド サーキット前に準備するもの
アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎走行時はesp(横滑り防止装置)とエアバッグを解除する。帰宅前にはONにするのを忘れないこと。

仲間と一緒に袖ヶ浦フォレストレースウェイのライセンスを取るなら…

都心からほど近い場所にある袖ヶ浦フォレストレースウェイ。「走ってみたい」と思ったら、まずはHPのコーススケジュールでライセンス講習会の日程をチェック! でも…日程が合わない。そんな時は、ある一定以上の人数が集まれば、『WITH ME RACING』でもライセンス講習会を代行してくれる。WITH MEは袖ヶ浦フォレストレースウェイでも二輪四輪の走行会を主催しているので、初心者はWITH MEの走行会に参加してみるのもおススメ。詳しくはWITH MEにお問い合わせを。

●袖ヶ浦フォレストレースウェイ
www.sodegaura-forest-raceway.com
住所:千葉県袖ケ浦市林348-1
TEL:0438(60)5270

●WITH ME
www.withme-racing.com
TEL:03(5838)7397
営業時間:10:30〜20:00(月曜定休)

アヘッド サーキット前に準備するもの

▶︎撮影の日、ドライバーでもありライダーでもある『WITH ME』の丸山 浩さんが練習に付き合ってくれた。WITH MEの走行会なら、同乗走行も可能。もちろん個人の質問にも答えてくれるし、アドバイスもしてくれる。

-----------------------------------------------
text:若林葉子/Yoko Wakabayashi
1971年大阪生まれ。Car&Motorcycle誌編集長。
OL、フリーランスライター・エディターを経て、2005年よりahead編集部に在籍。2017年1月より現職。2009年からモンゴルラリーに参戦、ナビとして4度、ドライバーとして2度出場し全て完走。2015年のダカールラリーではHINO TEAM SUGAWARA1号車のナビゲーターも務めた。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事