オンナにとってクルマとは Vol.53 眠れる感性

オンナにとってクルマとは

Vol.53 眠れる感性

屋外会場でのアトラクションも、ドリフトを目の前で見られたりと、ド派手なビジュアルが大人気。今年もカップルや女性グループなどが、テーマパーク感覚で楽しんでいる姿に嬉しくなった。

そしてすべての展示車両を見て回って感じたのは、カスタムの世界にますます女性の感性が活かされてきているなぁということ。例えば今年は、若い女性から主婦層までを夢中にしている「スイーツデコ」を取り入れた展示車両が目を惹いた。

とくに、ゴツいイメージのカスタムになりがちなジープが、ドアミラーに盛りだくさんのスイーツデコをあしらっていたり、自動車学校の学生が造った展示車両は、なんとクルマのボディ全体がいろいろなスイーツデコで覆われている。

指導した先生に話を聞くと、最初は何名かの女子生徒が作業をしていたところ、とても手が足りないので男子生徒に手伝ってもらううちに、男子たちもその面白さにハマり、最後には生徒たちの父兄までが手伝うようになっていたという。

女子生徒主導で1台のカスタムカーが出来上がっていったなんて、ちょっと微笑ましいエピソードだ。

また、インテリアでは着物のような和柄のパーツがたくさんあった。

シート生地はもちろん、ドアの内張りを和柄に変えるような本格的なものから、ステアリングの一部を和の花柄にできたり、ヘッドレストに取り付けて首を支える枕など、手軽に取り入れられる小物もいろいろあって、女性たちが雑貨屋さんで買い物をするような感覚で手に取っていた。

今やカスタムの定番となったスワロフスキーのデコなど、女性の感性はクルマ業界に新しい風を送ってくれる貴重なものだ。まだまだ、世に出ていない感性が眠っていて、どこかで開花の時を待っているかもしれない。

そう思うと、もっともっと女性とクルマが出会う場を増やして、もっともっとクルマを好きになってもらいたい。そんな意欲が湧いてきたのだった。

-----------------------------------------------
text : まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives