岡崎五郎のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

VOL.63 メーカーオブザイヤー?

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

発表は10ベストカーが10月8日。イヤーカーが同13日。いまこの原稿を書いている時点で、10ベストカーがどのクルマになるのかは決まっていない。

しかし過去の10ベストカーを眺めると、ある興味深い事実が浮かび上がってくる。ノミネートされた10台がすべて異なるメーカーのクルマであることがほとんどなのである。

背景にあるのは、複数モデルがノミネートされ票の食い合いが起こるのを嫌うメーカー側の思惑だ。実際COTY前になると、多くのメーカー&インポーターが「うちは今年は○○でいこうと思います」というメッセージを非公式に伝えてくる。

あまり気持ちのいいものではないが、賞獲得のための戦略と考えれば、まあ理解できないわけではない。問題は、それを選考委員が聞き入れるかどうかである。

なかには「各メーカーにまんべんなく参加してもらいたい」という考えでバランスよく10ベストカーを選ぶ人もいるが、僕はそういう考えには反対だ。COTYは約60名の専門家が、それまでに培ってきた経験や見識をもとにその年を代表するクルマを選ぶ賞であり、単なる人気投票ではない。

優れたハードウェア、斬新なコンセプト、時代性、提案性、他メーカーへの影響力などなど、様々な要素が評価を決める。言い換えれば、評価すべき何かを備えているなら同じメーカーのクルマが何台入ってもいい。

主役はあくまでクルマであり、そこにメーカー間のバランス感覚など無用。なぜならこの賞はMOTY(メーカーオブザイヤー)ではなくCOTYなのだから。

そういう意味で、いくら売れ行きが好調であるとはいえ、注目点がクラス初のフルハイブリッドであること以外とくに新鮮味のないノア/ヴォクシーあたりが10ベストカーに入ってきたら、少々残念なことだと思う。それこそCOTYの意義が問われることになるのではないだろうか。

次ページ今月の4台

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives