F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.12 ドライバーの引き際

vol.12 ドライバーの引き際

アヘッド F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+

その意味で、脇阪寿一は恵まれたドライバーだ。

2月4日、TOYOTA GAZOO Racingは2016年のモータースポーツ活動計画を、東京・台場にあるクルマのテーマパーク『メガウェブ』で発表した。’17年から参戦するWRCの準備状況や、ル・マン24時間での初優勝を目指すWECのプログラムに、小林可夢偉がフル参戦するといった発表があった。

各カテゴリーに参戦するドライバーや首脳陣をステージに従え、脇阪は一歩前に出た。そして、こう言ったのである。

「私、脇阪寿一は、SUPER GT500から退く決意をしました」と。

’96年に全日本F3選手権のチャンピオンになった脇阪は、翌’97年に国内最高峰のフォーミュラニッポン(現スーパーフォーミュラ)にステップアップする。

さらにその翌年には全日本GT選手権(現SUPER GT)への参戦をスタート。同時に、ジョーダン無限ホンダのテストドライバーを務め、レースの合間を縫ってヨーロッパに渡った。

筆者は当時、F1を視野に入れた、というより、F1が手に届くポジションにいることを半ば戸惑いつつも、テストでいい走りを見せるにはどうしたらいいか、思い悩む伸び盛りの青年に現地で会った。

それから10年、’08年に『ahead』の取材で対峙した脇阪寿一は、すっかり成熟したドライバーになっていた。自分が好き勝手できるのは周囲の協力があってこそ、であることを承知しており、そのことに責任を感じていた。

ただし、当時の脇阪にとって責任はプレッシャーを意味せず、自分の走りでどれだけ周囲を楽しませられるかを考え、そのことに没頭する自分を楽しめるだけの余裕があった。

さらにそれから8年の歳月が経過し、状況が変わった。アスリートであれば誰でも経験する、身体能力の衰えから逃れることはできなかったのだ。

走りたいというレーシングドライバーとしての純粋な気持ちや、周囲の期待に応えたいという責任感と、実力の落ちた自分を客観的な目で捉える冷静な思考の狭間で揺れ、葛藤し、もがき苦しんだ。どんなドライバーでも「やめる」と決めるまでに1年や2年はかかるというが、脇阪も例外ではなかったろう。

GT500からの引退宣言につづいて脇阪は「今日から脇阪寿一として第2章のスタートです」と語った。どんな物語をつむいでくれるのか、楽しみに待ちたい。

------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives