岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.77 僕のCOTY配点

VOL.77 僕のCOTY配点

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

いまこの原稿を書いている時点でどのクルマが頂点に輝くのかは、神のみぞ知るである。ただし、僕はついさっき投票を終えた。ここでは配点と、その理由を書いていくことにしたい。

採点ルールはシンプルだ。①持ち点は25点。②もっとも高く評価した1台に最高点の10点を与える。③残りの15点を4台に配分する(ただし9点以下)。

僕がもっとも高く評価したのはスズキ・アルト/アルト・ラパン。次にマツダ・ロードスター(7点)、テスラ・モデルS(5点)、ホンダS660(2点)、ジャガーXE(1点)とした。

アルト10点の理由は明快で、優れた経済性という軽自動車の本質をとことん追求しつつ、デザインや走りといったクルマの本質的魅力にも妥協せずに取り組んできたこと。

軽自動車はいまや日本の乗用車市場の40%を占めるが、軽の本質とかけ離れた、重くて高くて燃費の悪いスーパーハイト系が多く売れている。そんな状況に一石を投じる存在としてアルト/アルト・ラパンは非常に重要であり、応援したいと考えた。

ロードスターはあらゆる意味で理想的なライトウェイトスポーツに仕上がっている。見ても乗ってもワクワクするスポーツカーが日本から出てきたことを誇りに思う。また、いまのマツダの勢いを象徴的に示す存在としても間違いなく後生に語り継がれていくだろう。

そういう意味では10点を与えてもなんら不思議のないクルマだが、2人乗りのスポーツカーという特殊性ゆえ次点とした。モデルSはEVの可能性を強く示唆するとともに、既存の自動車メーカー以外でも優秀なハードウェアを作り上げられることを見事に証明してみせた点を評価。

S660はあまりに実用性が低いものの楽しさだけでいけばロードスターに負けていない。ジャガーXEはその素晴らしいハードウェアに対して。

果たしてイヤーカーはどのクルマになるのだろうか。www.jcoty.orgにて詳細が発表されているはずだ。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives