昔の名前で出ています

昔の名前で出ています

無題

●スズキ・アルト ワークス(2WD・5MT/2WD・5AGS)
車両本体価格:¥1,509,840(消費税込)
総排気量:658cc
最大トルク:100Nm(10.2kgm)/3,000
最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm


でもこれって、よく考えると普段のお仕事に通じるものがあるんですよ。新しいクルマや珍しいクルマに試乗。その印象を私の頭の中のリストにデータ化し、インプレッションとしてレポート。気に入った場合は「あれ、いいから乗ってみて!」とオススメしたりするという次第ですからね。

その中で、最近ある共通項に気が付きました。それは「老舗は裏切らない」ということ。老舗として続いているということは、それだけ長い期間多くの方を魅了してきたということですから、やはりハズシが少ないんですよね。

でもね、よく「変わらない老舗の味」とか言うじゃないですか。実はアレ、少しずつ時代に合わせ変化させているんですって。人々の感覚は、時代によって変わっていくもの。

「あそこの味は、変わらないねぇ」と言ってもらうためには、根本は決してブレないけれど、季節や気候、人々の感覚に合わせ少しずつ変えることが必要で、それこそが老舗の味を守り続ける秘訣なんだそうです。

これをクルマに当てはめると、一旦フェードアウトして、また復活した車名ってありますよね。「スズキ アルト ワークス」や「日産 GT-R」。「フィアット500」や「アルファ ロメオ ジュリエッタ」「MINI(BMW)」なんかもそう。つまり「昔の名前で出ています車」たちは、ある意味老舗だと思うんですよ。

人々の頭の中には「いいクルマだったなぁ」という感覚が色濃く残っている。でも時代を経て当時のまま出したんじゃ、単なる古いクルマですよね。

車名から皆がイメージする根本は壊さずに、時代に合わせて変化させ「やっぱりイイクルマだなぁ」と思っていただけるように開発しなきゃいけない。しかもクルマの場合、現在の保安基準等に合わせるなんてことも必要ですから、至難の業だと思います。

果たして老舗は裏切らないか…。是非アナタの五感で確かめてみてください。

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives