F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.14 “耐久レース”の可夢偉

vol.14 “耐久レース”の可夢偉

アヘッド WEC 開幕戦シルバーストン

’16年のWEC(世界耐久選手権)にフル参戦する小林可夢偉選手のコメントである。可夢偉は最上位カテゴリーであるLMP1クラスに参戦する、トヨタTS050ハイブリッドをドライブする。

’13年には市販車ベースの車両で行うLMGTEクラスにフェラーリで参戦したが、速さは段違いだ。1周13.629kmのル・マンでは、ラップタイムが40秒も違う。最高速はLMGTEが300km/hを少し超える程度であるのに対し、LMP1は340km/hに達する。

トヨタTS050ハイブリッドが搭載する2.4ℓ・V6ツインターボエンジンは500馬力を発生する。可夢偉が’15年から参戦するスーパーフォーミュラ(2ℓ・直4ターボ)は550馬力以上を発生しており、エンジンの馬力だけを比較すれば国内最高峰に位置するフォーミュラの方が上だ。

だが、トヨタのWECマシンは前後合わせて500馬力を発生するモーターも搭載する。エンジンとモーターを合わせた最高出力は1,000馬力。「速度域が違う」というコメントにも素直にうなずける。

モーターを動かす原理はプリウスなどの量産ハイブリッド車と同じで、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに蓄えておき、後で使う。

うまくエネルギーを蓄えないとアシストパワーを有効に使えないため、「うまく使いつつ、どう回収していくか」「なかなか難しい」というコメントにつながるわけだ。

難しいから、徹底的に走り込んだ。

「F1は予選一発の速さが成績表になりますが、WECはロングランの平均タイムで評価されます。予選はあまり関係なく、安定して1スティント(次の給油まで)走れることが重要。走行後にはチームからサマリーが渡されるのですが、それを見ると、どのドライバーが安定して速く走ったか、順位がひと目でわかる。ひとつのコーナーでちょっと損しただけで台無しになるほどシビアで、いい平均タイムを出すことがモチベーションになっています」

耐久レースならではの走り方が求められているのだ。

「心配していたのですが、可夢偉は速い」

そう語るのは、チーム首脳陣のひとり。

「ロングランテストで一番速かったので、驚きました。しかも、安定して速かった。大きいのは、可夢偉が乗ることで他のドライバーがざわざわしていることです」

可夢偉に負けられぬと、ドライバー全体のアベレージタイムが上がっているのだという。可夢偉効果現る、だ。

--------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives