岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

VOL.88 時速120キロ時代

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

1963年といえば東京オリンピック開催の前年。同年には東海道新幹線が開通し、日本の国内移動は一気に高速化されたわけだが、当時の国産車は性能が低く、最高速度に指定された100キロ走行ではオーバーヒートや故障が相次いだという。

そんな時代に制定された最高速度を、日本はまるで家宝のように守り抜いてきた。

しかし法律に重要なのは「必要性を感じ」、かつ「破ったら相応のペナルティを受けるのは当然」と誰もが感じる妥当性だ。その点いまの日本はほとんどの人が罪悪感なしに違法状態で走っているわけで、それはその法律が時代に合わなくなってきていることを示している。

ならば現状に即した法律に変えていきましょうというのが今回の最高速度見直しの背景であり、基本的には大歓迎したい。

一方、単に喜んでいるだけではマズいな、とも感じている。今後、警察の速度取り締まりポリシーがどうなるかにもよるけれど、速度が上がればシビアな状況は必ず増えるからだ。

最高速度が80キロに据え置かれた大型車との速度差拡大により、追い越し車線に侵入してくる大型車との衝突リスクは確実に高くなる。ESCの装着義務化でかなり改善されたが、それでもタイヤ性能(主にウェットグリップ)や急ハンドルによる危険回避性能が十分ではないクルマもある。しかしいちばんの懸念材料は、低い制限速度によって麻痺したドライバーの安全意識だ。

タイヤの空気圧や残り溝など気にかけたこともない人、チャイルドシートの固定が不十分な人、雨が降っても速度を落とさない人、急ブレーキを踏めない人、追い越し車線に平然と居座る人…。自動車メディアはクルマを作ることはできない。

けれど、安全な時速120キロ時代に向け、ソフト面で貢献できることは多々あると思っている。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives