F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.19 40年の歴史を持つF1の日本開催

vol.19 40年の歴史を持つF1の日本開催

アヘッド 鈴鹿サーキット  F1 日本グランプリ

▶︎開高 健は『日本人の遊び場』(光文社文庫)のなかで開業直後の鈴鹿サーキットを訪れ、本物の外国が出現したと、その完成度の高さに驚嘆した。サーキットの横の道を伊勢詣での客を乗せた観光バスが通過していくが、古いもの(伊勢神宮)と新しいもの(鈴鹿サーキット)のどちらが「より多くの日本人を吸収することになる」のか、「空想するのが私にとっては楽しみ」だと記している。鈴鹿サーキットもF1も、昔からあってこの先もずっとある物に変容してしまったのだろうか。


富士スピードウェイは2000年にトヨタ自動車の傘下に入った。’02年にトヨタはF1に参戦。お膝元のサーキットでレースを開催したいと思うのは当然で、その熱意が’07年のF1開催に結びついた格好だ。

そもそも、日本初のF1は’76年に富士で開催されている(’77年まで開催し、以後ブランクが空く)。このとき日本にやってきた「世界最高峰のレベル」に直接触れたドライバーやエンジニア、あるいは観客席で刺激を受けた少年や青年が、その後の日本のレースと世界に羽ばたく意欲を育てたと言っても過言ではない。それほど、エポックメイキングな出来事だった。

富士スピードウェイのオープンは’66年だったため老朽化が目に付くようになり、F1誘致をきっかけに施設を大幅に改修。近代的なサーキットに生まれ変わった。高速の最終コーナーが、タイトコーナーが連続する区間に改められたのもこのときだ。

F1日本GPは’09年に鈴鹿で開催すると、’10年以降は富士と鈴鹿で交互に開催する予定だったが、富士側が降りたため(トヨタも’09年末にF1を撤退)、’10年以降も鈴鹿の秋の風物詩として定着している。

老朽化が目立っていたのは、ホンダによって建設され、’62年にオープンした鈴鹿サーキットも同様で、早急に手を打つ必要性に迫られていた。その意味で'07年〜'08年のブランクはありがたく、この間に大規模な改修工事を実施。ピットビルやパドック、観戦エリアが整備され、21世紀のサーキットにふさわしい安全性と快適性を備えるに至った。

一方で、アイルトン・セナが愛用したイタリアンレストランはなくなり、レース後にF1ドライバーたちが羽目を外して騒いだカラオケボックスもなくなった。これもまた、歴史だろう。

しかし、歴代のF1ドライバーが愛して止まないチャレンジングなコースレイアウトは健在だ。最新の安全対策が施されたとはいえ、原設計は50年以上前である。最新のサーキットは見栄えはいいけれども多分に人工的で、無味乾燥な印象を受けることもある。

だが、鈴鹿は違う。手で線を引っ張って形を決めたクルマと、コンピューターを駆使して構築した現代のクルマの違いと言ったらいいだろうか。人の手の痕跡が感じられるレイアウトであり、だからこそ、攻める側にも思いが響くのだろう。

鈴鹿はF1開催カレンダーのなかでも少なくなった、クラシックなサーキットの代表格である。そこに40年前と同様、世界一流のチームと腕自慢のドライバーがやってきてワザを競う。そんな恵まれた環境を改めて噛みしめてみたい。

--------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives