クルマのアイデアを募集する 〜TOYOTA NEXT

クルマのアイデアを募集する 〜TOYOTA NEXT

アヘッド TOYOTA NEXT

新プラットフォーム戦略であるTNGAを導入するなど、世に出てくる同社の新製品を見ているだけでも明らかなのだが、来年から本格的に参入するWRCをはじめ、TOYOTA Racingとしてのモータースポーツ活動への積極的な取り組みも他メーカとは一線を画している。

最近のCMからもその変化を感じていらっしゃる方も多いだろう。

スポーツカーである86をリリースする決断をしたあたりから、それは緩やかに始まった。これまでの「売れるためのクルマづくり」から大きく軌道を変更し、「クルマ好きを増やす」、「クルマファンを増やす」という、自動車会社としての本質を、真剣に突き詰めようとしているのだ。

旗を振るのは他ならぬ、豊田章男社長その人。自ら世界一過酷と言われるニュルブルクリンクでの24時間レースのステアリングを握るほどのクルマ好きである彼は、企業の顔として積極的に自らマイクを握り、世界中のメディアに、そしてイベントなどではファンに直接クルマの魅力を語りかけて来た。

「もっといいクルマを作ろう」、「WHAT WOWS YOU.さあ、世界を動かそう」これらは豊田社長が繰り返し訴え続けて来た言葉。その情熱に突き動かされるように、あの巨大企業が大きな船の舵を切った。

アヘッド TOYOTA NEXT




TOYOTA NEXTはまさにそれを象徴するようなプロジェクトだ。あらゆるジャンルのプロフェッショナルを公募していて企業の大小を問わず、ベンチャーも応募可能でその公募内容が面白い。

「いいクルマを作る」ための安全、安心技術からクルマの利用、販売のノウハウを高めるモノなどといった、既存で考えうる自動車のためのアイデアだけでなく、まだ世に出ていないが見込みのある面白いノウハウ、技術など、クルマを取り巻く全般に及ぶ。

一応募集のテーマは定められているのだが、基本的に何でも応募が可能。「いいクルマ(社会)づくり」のアイディアを提供して下さい、というのが狙い。モノによっては出資も可能だという。もし内容にキラッと光るものがあれば、長期的な共同開発も夢ではない。

ネットワークや技術の革新が急激に成長し続ける今、自社の儲けだけを自前で追求していくことに固執していては、自動車産業がガラパゴス化していく危機は免れないとの考えがその先に見える。

基礎体力のある大企業だからこそできるチャレンジではあるが、敢えて立ち向かう「聞く耳を持つ」この姿勢こそが、今のトヨタを象徴している。

https://toyotanext.jp/

------------------------------------
text:今井優杏/Yuki Imai
レースクィーン、広告代理店勤務を経て自動車ジャーナリスト。WEB、自動車専門誌に寄稿する傍らモータースポーツMCとしての肩書も持ち、サーキットや各種レース、自動車イベント等で活躍している。バイク乗りでもあり、最近はオートバイ誌にも活動の場を広げている。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事