岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.95 SUVが上位3台を独占したWCOTY

VOL.95 SUVが上位3台を独占したWCOTY

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

世界23ヵ国、75人のモータージャーナリストが選考委員を務めるワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)。13回目となる今年のイヤーカーに輝いたのは、ジャガー初のSUVであるF-PACEだった。

注目したいのは、アウディQ5とフォルクスワーゲン・ティグワンをあわせ上位3台をSUVが占めたこと。流行のSUVだから高得点を獲得した? そう思う人もいるかもしれない。

まあ、75人もいれば選考基準も様々だから、なかにはそんな観点で投票した人もいるだろう。が、2015年はメルセデス・ベンツCクラス、2016年はマツダ・ロードスターが受賞していることからもわかるように、WCOTYはそこまで日和見主義な賞じゃない。

むしろ、数年前から本格的な盛り上がりを見せてきたSUV人気を受けメーカーが力を入れて開発→優れたモデルが送り出された→その結果の高評価というのが妥当な解釈だろうし、それが、選考委員として各モデルに試乗し、評価をしている僕の実感でもある。なかでも、デザイン、走り、機能性、所有する悦びなどを高い次元でまとめあげているF-PACEの受賞は大いに納得だ。

部門が細かく分かれているのもWCOTYの特徴だ。高性能車部門はポルシェ718ケイマン・ボクスター、エコカー部門はトヨタ・プリウス・プライム(日本名・プリウスPHV)、デザイン部門はジャガーF-PACE(総合部門とのダブル受賞)、高級車部門はメルセデス・ベンツ Eクラスがそれぞれ受賞。また、今回から新たにつくられたアーバンカー部門ではBMW i3がトップになった。

国とか地域に縛られることなく、グローバルでクルマを評価するのがWCOTYの意義だが、難しいのはすべてのクルマがすべての国で販売されているわけはないということ。たとえば日本でフォード車は販売されていないし、ヒュンダイにもキアにも乗れない。

そんな事情を受けWCOTYは1年に1回、LAで試乗会を開催している。世界中の選考委員が一堂に会し世界中のクルマを評価するという他に例のない大がかりなイベントの末、決定されるのがWCOTYなのだ。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

最新記事