岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

VOL.91 テスラの行動力

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

一方で、世の中のクルマがすべてEVになったら充電インフラの面で厄介なことが起こるな、というのが僕を含めた一般的な考えだ。化石燃料による発電では二酸化炭素が出るし、原発も増やしたくない。かといって太陽光や風力発電はコストと安定供給に難がある。EVが増えすぎたら急速充電器の充電待ち問題も避けられないだろう、と。

しかしテスラの考えは違う。充電待ちに関しては、車載バッテリー容量を増やせば外出先で充電する必要はほとんどなくなる。かつ、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーと、ますます低コスト化が進むバッテリーを組み合わせれば、クルマの脱化石燃料化は十分に可能だというのだ。

実際、太陽光発電のベンチャー企業の買収や、世界最大のバッテリー工場である「ギガファクトリー」の立ち上げなど、彼らはビジョンを実現するために着々と手を打ってきている。ギガファクトリーで1年間に生産されるリチウムイオンバッテリーの容量は2013年に全世界で生産されたバッテリー容量を上回り、コストも30%減を見込んでいるという。

行動でここまで示されると「自分の考えはもしかしたら古いのかもしれない」という気になってくる。

そんななか、僕がテスラのビジネスでもうひとつ懸念しているのが、既存の自動車メーカーが次々とEV開発に乗り出してきていることだ。ジャガーにポルシェにメルセデスにBMW…そんな強力なライバルが出現してきたとき、テスラは果たして現在の地位を守り通せるのか。

この点についてもテスラは楽観的だ。他社から魅力的なEVが出てきてもそれは脅威ではない。なぜなら、われわれのライバルはEVではなく、圧倒的多数を占める化石燃料で走るクルマたちなのだ、と。そんなテスラの最新モデルであるモデルXの試乗記は次のページで。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives