岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.75 VW不正事件とジャーナリストの務め

VOL.75 VW不正事件とジャーナリストの務め

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

不正ソフトにより排ガス試験時にだけ浄化装置をフルに働かせて試験をクリアし、通常走行時は規制の最大40倍ものNOx(窒素酸化物)を排出する。入試にたとえればカンニングのような違法行為になぜVWは手を染めてしまったのか。

真実は今後明らかにされていくだろうが、様々な情報から推測すると、答えはどうやら「燃費」にありそうだ。NOx吸蔵還元触媒を採用したディーゼルエンジンは、ため込んだNOxを処理するため定期的に燃料を多めに噴射する必要があり、その頻度が高ければ高いほど燃費が悪化する。処理時の高温が引き起こす触媒の熱劣化も動機のひとつだったのかもしれない。

耐久性の不安がないSCR方式を搭載したモデルにも不正ソフトは搭載されていたが、おそらく還元剤である尿素の消費量を減らしたかったことと、NOx排出量とトレードオフの関係にあるPM(微粒子状物質)を減らし、PM処理時に使う燃料を節約したかったのだろう。

かなり専門的な話になってしまったが、いずれにしてもハイブリッドに迫る燃費という謳い文句を実現するために不正行為に走ったというのが、現時点ではもっとも可能性の高いシナリオだ。

技術ではなく不正でそれを狙った代償は果てしなく大きい。巨額の罰金やリコール費用だけでなく、彼らはユーザーからの信頼という最も大切なものも失った。だが僕は、VW車を全面的に否定するつもりはない。

なぜなら、彼らのクルマ作りには素晴らしい部分がたくさんあるから。この先日本に入ってくる同グループのディーゼルエンジンに不正ソフトが入っていないと確認されれば、きちんと評価するのがジャーナリストの務めであるとも思っている。しかし、ときに感情は事実をも消し去る。

彼らに求められているのは、事実をすべて白日の下にさらし、二度と同じ過ちを繰り返さないと誓うこと。失った信頼を取り戻すには時間がかかるだろうが、とにかくやるしかない。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

最新記事