モタスポ見聞録 Vol.7 ホンダの恋模様

Vol.7 ホンダの恋模様

アヘッド マクラーレン

2015年に鳴り物入りで始まったマクラーレン・ホンダのF1参戦は、2017年シーズン限りで終了することが9月15日に発表された。鈴鹿サーキットで行われる日本GPを2戦後に控えた、第14戦シンガポールGPでの出来事である。

マクラーレンは2018年にルノーからパワーユニットの供給を受ける旨を発表。一方、ホンダは来季からトロロッソにパワーユニットを供給すると発表した。トロロッソはホンダワークスの位置づけになる。

現在、パワーユニットをF1に供給しているコンストラクターは4社で、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ルノー、ホンダである。ホンダを除く3社は自社設計のシャシーに自社開発のパワーユニットを載せて戦うワークスチームを抱えている。

既存のチームにパワーユニットを供給する形態で参戦するのはホンダだけだ。それだけに、パートナーとの相性が非常に重要になる。2013年にF1復帰を決意した際、ホンダにとってマクラーレンは、またとないパートナーに映った。なにしろ、1988年から'92年にかけて、F1を席巻したコンビネーションだったのだから。

長期低落傾向にあったマクラーレン側も、諸手を挙げてホンダを受け入れた。だが、ホンダはマクラーレンが期待するパフォーマンスを発揮することができなかった。不甲斐ない働きぶりにしびれを切らしたマクラーレンが、ホンダに離縁状を突きつけた格好だ。ホンダにすれば、「もう少し時間をくれれば」とほぞをかむ思いだったに違いない。

マクラーレンがかつてのマクラーレンではなくなったのも、ホンダにとっては逆風だった。コンビが復活したときのマクラーレンは、黄金時代を知るロン・デニスがチームの実権を握っていた。ところが2016年にアメリカからザック・ブラウンが乗り込んで来ると、失脚。チームは新体制に移行した。

経営者が替わると、有無を言わさず昼と夜ほどに方針が変わるのは、組織の大小や洋の東西を問わない。ホンダはトロロッソより前にザウバーと契約を結び、2018年からパワーユニットを供給すると発表した。

だが、先方が新組織に移行して方針が変わったため(フェラーリを選んだ)、契約を白紙に戻さざるを得ない状況に追い込まれた。技術力ではなく政治力で負けた格好だが、それも含めてのF1参戦であり、脇の甘さを露呈した。

レッドブルの姉妹チームでイタリアに本拠を置くトロロッソ(伊語でレッドブルの意味)はどうだろうか。ホンダとのコンビ結成の裏では、ホンダをF1に留まらせたいルール統括者(FIA)とテレビ放映権などの商業権管理者(リバティメディア)のサポートが働いたという。

つまり、仲人の仲介があっての婚約だ。当事者同士に妙な思い入れがないほうが、案外うまくいくのかもしれない。

-------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives