岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

VOL.105 自動運転車事故の教訓

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

事故を起こした自動運転車には夜間でも障害物を検知できる高性能センサーが付いていた。にもかかわらず自動運転システムは回避操作をまったくしなかった。なおかつ、バックアップとして乗車していたドライバーもよそ見をしていたため回避操作をしなかった。

事故の動画を見ると、仮にドライバーがよそ見をしていなかったとしても、暗闇から突然出てきた歩行者を避けられたかどうかは微妙なところだ。が、自動運転車が加害者となる死亡事故は今回が初めてであり、社会に与えたインパクトは大きい。当然ながらウーバーはただちに公道実験を中止。事故を起こしていないトヨタやエヌヴィディアまでもが公道実験の一時中止を自主的に決めた。

今後は事故原因の解明と対策に加え、バックアップドライバーへの教育を徹底したうえでの実験再開、という流れになるだろうが、事故の様子がショッキングな動画とともに大きく報道されただけに、今後、自動運転そのものへの不信感が高まるのは避けられそうにない。

われわれが考えなくてはならないのは、果たしてそれでいいのか、ということだ。自動運転の技術開発には公道実験で収集する生のデータが欠かせない。公道実験が止まれば自動運転の進化は止まる。もちろん、それでよしとする考えもあるだろう。

しかし、動き始めた自動運転化の流れは止められまい。誰かがやめても誰かが進める。そして進める国や企業が最終的な勝利を収めることになる。日本や日本メーカーが勝者になる、あるいは少なくとも敗者にならないためには、リスクをとって実験と開発を進めるしか選択肢はない。

現在の安全な空の旅が、過去の航空機事故から得た教訓によって成り立っているように、大切なのは、事故を教訓により安全なシステムを目指す姿勢なのではないだろうか。事故の糾弾は国やメーカーを消極的にさせる。いまわれわれに求められているのは、今後起こるであろう自動運転絡みの事故を冷静に受け止めることだと思うのだ。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives