岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.101 EV報道の真実

VOL.101 EV報道の真実

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

その代表的な論が「日本の自動車メーカーも早くEVを作らなければガラケーの二の舞になる」だ。たしかにガラケーはスマホに負けた。しかしなぜ負けたかを考えれば答えは明快で、ガラケーよりスマホの方が多機能で使いやすく魅力的だったからだ。

同じ観点でEVを眺めてみる。エンジン車やハイブリッド車と比べ、果たして多機能で使いやすく魅力的か? 答えは誰でもわかるだろう。航続距離、価格、使い勝手など、多くの面でEVはまだまだ完成途上。そこをスルーしてガラケーとスマホを引き合いに出しても論としてまったく筋が通らない。

「EVは誰にでも作れるから既存の自動車メーカーはダメになる」というのも典型的なミスリードだ。たしかに、エンジンとトランスミッションよりもモーターとバッテリーは簡単に入手できる。そういう意味ではたしかに簡単に作れる。

しかしそれと自動車ビジネスとは次元が異なる。気の遠くなるような信頼耐久試験、工場への巨額投資、サプライチェーン、品質保証体制、販売ネットワークの構築など、クリアすべき課題は山のようにある。そういった自動車ビジネスの難しさを知らず、寄せ集めの情報をもとに書くと「誰でも作れる=新規参入続出=既存メーカーは駆逐される」という単純な論調になってしまうわけだ。

その他にも、発電時を含めたトータルでの二酸化炭素排出量を無視したEVへの無条件賛辞や、日本メーカーはハイブリッドがあるからEVで出遅れた(ハイブリッドで出遅れたメーカーがEVを推しているのが真実)など、誤った情報が目に付く。自動車評論の専門家としては、今後も正しい情報を皆様にお届けしていきたいと思っている。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives